logo.jpg

公式サイトはコチラから



2015年03月14日

先生と生徒

こんばんは☆演出部武藤です!

今回は『先生と生徒』というテーマで記事を書きたいと思います☆

勉強でも仕事でも、良い先生、良い師に出会うことは自分の人生に大きな転機となり、また、その後の生き様に大きな影響を受けたりします。

私の演劇に対する考え方の根本になっているのは25年以上前に初めてお芝居の世界に誘ってくれた演出家の先生の考え方です。そして、色々な方に出会い、色々な考え方を取り入れ、混ぜ合わせてきました。そしてこれからも混ぜ合わせていくつもりです。
人は一生勉強とも言います。
思い出すと…小学校、中学校、高校、養成所と素晴らしい先生との出会い、教えはその時の、今の自分を形成していると思います。
先生達との出会いがなければ今の考えも仕事も変わっていたようにも感じます。

生徒にとって、先生とはそれだけ影響力があり、生徒のその後にまで影響を与えることがあります。
20150314.jpg『パレードを待ちながら』でも”教師”が職業の登場人物がおります。その登場人物を松井ともみが演じます。
果たして、物語の中の彼女はどんな考え方を持ち、生徒達にどんな影響を与えるのでしょうか…
そして、彼女の思い、考えはいったいどこから来たものなのでしょうか。
松井ともみも今までにやったことのない役柄に力戦奮闘しております!果たしてどんな教師像が出来ますでしょうか。是非ご期待ください♪♪
posted by 新和座制作部 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | パレードを待ちながら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。