logo.jpg

公式サイトはコチラから



2014年06月02日

望まない結婚

6月6日からの公演、「救いを求める女たち」の物語は…
その女たちが”望まない”結婚を無理強いされる、ということろが発端だ。

sukui_p (26).JPG

今、この現代において、望まない結婚というものは・・・
あまりないのかもしれない。
完全にない、とは言い切れないが…
古代に比べれば・・・いや、一昔前から比べれば、
この日本においては少なくなってきているとは思う。

人間には心がある。
男も女も。
その心では・・・好きか嫌いか、という事を判断することもある。
その判断の元は色々な要素があると思う。

結婚に限らず・・・恋愛でも・・・仕事でも・・・
望まない出来事というのは実は結構あるのではないだろうか・・・
望まないけど、やらなければならないこと。

ある種の妥協をしている場合ももちろんあると思う。

望まないければ、やらなくていいのか。
それともやらなければいけないのか。

例えば望んでなかったとしても・・・
自分がそれを辛抱して・・・我慢して・・・結婚したして・・・
全てが丸く収まるのだろうか・・・
はたまた我慢できなくて・・・
そこから逃げたら・・・どんな事が待ち受けているのだろうか・・・

この作品を作っていく中で・・・
こうした自分にとって『望まない事』というのが一体何なのかというのを改めて考える機会になった。

posted by 新和座制作部 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 救いを求める女たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。