logo.jpg

公式サイトはコチラから



2014年06月02日

虐げられた女たち…ルサンチマン

例えば・・・
虐げられた(と感じたり)り、
仲間はずれになった(と感じたり)り、
思い通りにいかなかったり。

それが、自分では如何ともし難い相手、強大な(だと思っている)相手に対しての憤りの感情っていうのは・・・

こんな思いを感じたことは誰でも一度はあるはずだ…

sukui_p (14).JPG原因が誰に…何処にあるにせよ…こうした憤り、いかんともしがたい怒りというのは誰でも一度は感じたことがあると思う。
その怒りの原因が…自分の人生、全てを否定するものだったり、自分の信念をすべてないものにするようなものならば…その怒りは物凄く大きくなると思う…。


今回の舞台『救いを求める女たち』は望まない結婚を娘たちが強いられる、これが物語の発端だ。
今ではこういう話はあまり聞かないが…
それでもイメージは出来る。自分があずかり知らぬところで決められた結婚。
それを承知しなければ…家族にも累が及ぶかもしれない。
こうした葛藤があり、悩み、苦しみ…女たちは、父祖の地に救いを求めに旅立つ。

覚悟を決めて逃げ出した女たち。
逃げ出すほど、逃げ出さなければならないほどの嫌な結婚、望まない結婚は…

彼女たちの心の中はきっと…
傷つき、虐げられ…

物凄い怒りが彼女たちを突き動かしたのかもしれない。
もしくは…悲しみが彼女たちの原動力かもしれない。

どうにもならない時…救いを求める人間がどんな行動に出るのか…
そんな物語が『救いを求める女たち』です。

6月6日から池袋・アトリエ第7秘密基地にて。
くわしくは公式サイト・公演ページ
http://www.shinwaza.com/sukui/
を御覧ください。

posted by 新和座制作部 at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 救いを求める女たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398475675

この記事へのトラックバック