logo.jpg

公式サイトはコチラから



2014年03月06日

KEICHITSU

今日は平成26年3月6日、木曜日であります。
平成26年の啓蟄は今日でありました。
こんなに風が冷たく、寒いのに・・・啓蟄(けいちつ)。

啓蟄は、Wikipediaによれば…
大地が温まり冬眠をしていた虫が穴から出てくるころ。『暦便覧』には「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり」と記されている。柳の若芽が芽吹き、ふきのとうの花が咲くころ。』となっており、季節を表す、二十四節気の一つだそうです。
立春から数えて3番目の節目で、春分までの期間を啓蟄ともするそうです。

確かに例年、この時期に少し暖かくなって…カエルが出てきたりします。
春はもうすぐそこであります。
今日は一段と冷えましたが…早く春が来ないかなと感じております。

日本の四季は美しい風景をたくさん僕達に見せてくれます。
一口に春夏秋冬と言っても、色々な表情があります。こうした細かい季節を表す言葉を暗唱できるわけではありませんが…この四季の表情豊かな日本において、こうした季節の変わり目がたくさんあると思うと、色々な所に目を向け、季節の変化、その時その時の風景・表情を感じたいな、と思います。

20140306.jpg新和座にも啓蟄の日が来そうです。今、一生懸命稽古に励んでおります『救いを求める女たち』。大変ご好評いただいている私どものギリシャ悲劇シリーズの一つであります。シリーズの中でも特に『王女メディア』はたくさんのご好評をいただきました。そのメディアと同じように私たちの新たなる代表作になりそうな予感のする作品です。客演の皆様をはじめ、座の俳優陣も気合を入れて稽古に望んでおります。今回の作品は'THE新和座'というべき、スピード感もさることながら、物語の中核を担う女たちの心の揺れ動きとそれを取り巻く男の言動というものをお楽しみいただけるように創っております♪♪

カエルが土から出るが如く、新しい新和座も春を感じながら、活発に稽古に励みます☆☆

明日の金曜日も皆様に素敵な出来事いっぱいの1日でありますように♪
演出部武藤でした☆
posted by 新和座制作部 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/390718487

この記事へのトラックバック