logo.jpg

公式サイトはコチラから



2009年10月21日

妹という生き方 〜 クリュソテミス役 加藤有希子

劇団新和座第3回公演『エレクトラ』でエレクトラの妹役クリュソテミス役を演じられる加藤有希子さんをご紹介します!
加藤さんは役者として、ゲームやアニメなどの声優業もされている傍ら、今回新和座の舞台出演に快諾してくださいました!
今回はそんな加藤さんに色々インタビューしてみました!

加藤さんが今回演じられるクリュソテミスは、エレクトラの実の娘であり、この物語の舞台である、ミュケナイの王アガメムノンの娘です。また、 1907年3月11日、J. H. メトカーフ によって発見された、小惑星クリソテミス (637 Chrysothemis)の命名の元にもなっています。



今松くるみと同級生

――今回は劇団新和座の舞台にご出演いただきましてありがとうございます。

加藤

はい。今回、色々と勉強したいなとも思いましたし、久々にステージに立てるという興奮でいっぱいです!




――座員と同窓なんですね?

加藤

そうなんです。特にくぅ(今松のニックネームです)とは同じクラスでしたし、文化祭や卒業公演の舞台も一緒でした!また、りえちゃんたちとも一コ違いなだけなので、本当になつかしいです!




――勝手知ったる・・・という感じですか?

加藤

いえ。新鮮さのほうが多いですね。くぅや古川さん、りえちゃん達とは何度も仕事や舞台は一緒にしましたけど、2年ぶりくらいのご一緒ですし、また本格的に舞台を創りこんでいくのは皆さんとははじめてですから。かなりドキドキワクワクですよ!!




声の仕事と舞台との違い



――普段は声のお仕事をされているんですよね。

加藤

はい、色々と勉強させてもらっています。ゲームの声やアニメーションの声のお仕事をさせてもらっています。




yukiko.jpg――声のお仕事と舞台のお仕事はやはりちがいますか?

加藤

同じ部分と違う部分があるなと思います。根本的には同じだと思いますけれども。声のお仕事の時は色々と制約があって、感情従って、台詞や表情、時には体の動きを”声”というか”表現”というか一極に集中することが必要だと思うんですね。反面舞台では役者そのものが演じるものを『見ていただく』という要素が加わりますから、逆に色々と・・・動くことが必要だと感じていますね。久々の舞台だったので、最初は動きが硬かったと思いますけれど(笑)最近はなんとかみんなについていけてるかなぁ〜(笑)と思います。




――『見ていただく』ですか?


加藤

はい。ゲームやアニメではお客様にはキャラクターの画をご覧いただいていると思います。一方、舞台では見ていただくのはそのキャラクターであるとはと思うのですが、実際には役者本人の動きを見ていただくことになりますよね。そういった違いはあると思いますが、どちらの場合でも、キャラクターに生命を吹き込むのは同じだと思います。方法が違うだけで。その上で今回出させてもらう舞台では、加藤有希子というよりも、クリュソテミスの生き方をお客様にお伝えできたらなぁ〜とおもっているんです。今回、このお話を頂いた時、正直に言えば「できるかな」という思いもあったんですが、やっていくうちにクリュソテミスにかなり愛着がわいてきました!





妹という生き方。

――今、お話があったクリュソテスの生き方とはどういうものなのでsか?


加藤

詳しくは、舞台をご覧いただきたいですが(笑)エレクトラとは違う生き方を選んでいると思います。女性の弱い部分を彼女を通じてうまく表現したいなと考えていますが・・・この姉妹、お互いに頑固なようで(笑)くぅともそうですし、りえちゃんともそうですけども、エレクトラとのシーンはかなりがんばっています(笑)・・・言い合いをし合うみたいな・・・生き方が違うから意見の相違も出てくると思います。もちろん、今のお話はこの物語の中のお話なんですが、実際の人間の世界でも同じことが言えるのではないかって感じています。




――実際にも仲が悪いと?(笑)


加藤

違いますよ(笑)クリュソテミスとエレクトラはケンカもするかもしれませんが・・・くぅやりえちゃん達とはお稽古中は真剣に、お稽古が終われば、楽しくお話しますから!えーと、何が言いたいかというと、生き方が違うから考え方や意見の相違が生まれてくるし、それが人間なんだな〜って思うてことですね。逆のことも言えると思いますが・・・思いや考えが違うから生き方が違ってくる・・・本当に面白いと思います。今回、この役を頂いてさらにそう感じてきています。




――クリュソテミスの魅力はどんなところですか?


加藤

全部です(笑)といってもらえるように、役作りをがんばっています!私個人としては、彼女が『妹』として親や姉、弟に対する思いの深さが一番の魅力だと思っています。今回はダブルキャストなので、二人のお姉さんがいるんですけども、どちらに対してもかなりの思いをもって取り組んでいます。それにくぅともりえちゃんともかなり話し込んで姉妹像のイメージを膨らませてきました!素敵な姉妹になっているとおもいます!さらに個人的にはこのクリュソテミスという女性の生き方に共感していただけるように一生懸命がんばっていきます!



――なるほど。楽しみですね。お稽古も大詰めだと思いますが?


加藤

今回、初めて一緒に舞台に立つ方もいらっしゃいますのでお稽古もとっても楽しいです!また、演出の武藤さんと本格的に舞台に取り組むのは初めてで、学生の頃から一度はご一緒したいと思っていました!また、武藤さんには学生の時から色々と相談にのってもらったりしていたので、お仕事でご一緒できるのが嬉しいですね。お稽古中でも目から鱗の事などがあり、本当に勉強になります。また、役者のみんなもそうですけれども、真剣さ故に厳しい部分があり、久々にピリッとしたお稽古を体感していますね。色々な年代の方とやれるというのが私にとっては良い環境です。今現在は、通し稽古が中心ですけれども、細かく見ていただけるので、不明な部分とかがはっきりとしてきますね。それに応えられるように努力していきたいと思います。




お客様に一言
加藤有希子です。今回の『エレクトラ』でエレクトラの妹役クリュソテミスをやらせていただくことになりました。
皆さんに一人の女性の生き方に共感してもらえようにがんばっています!
是非、皆さん、阿佐ヶ谷のかもめ座に来てくださいね!
素敵な時間をお届けします。





【加藤有希子プロフィール】
2007年に専門学校を卒業後、その類い稀なる演技力を生かし、様々な作品に声優として参加。
代表作には、GUILTY GEARシリーズにブリジット役で出演。(GUILTY GEAR XX Λ COREなど)その他ゲームでは、BLAZBLUE、FRAGMENTS BLUE、蘭島物語 レアランドストーリー 少女の約定などに出演。また、テレビアニメ イタズラなKiss、舞台「宍戸町フォーチュンきっす」にも出演。現在はフリーで活躍中。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
劇団新和座第3回公演 エレクトラ
公演の詳細およびチケットのご予約、お買い求めは
こちらをご覧ください。
携帯の方は
こちらをご覧ください。
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
いつも応援していただき、本当にありがとうございます!
クリック、お願いします!
CoRichブログランキング
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
posted by 劇団新和座広報部 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | エレクトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。