logo.jpg

公式サイトはコチラから



2009年10月12日

エレクトラ

劇団新和座第3回公演はギリシャ悲劇のエレクトラを上演します。

今回からこの「エレクトラ」カテゴリでギリシャ悲劇にまつわる話題や、本公演「エレクトラ」について、記述していきたいと思います!

四月の王女メディアの時にも調べましたが、ギリシャ悲劇はとっても興味深いです。

さて、今回、上演します、”エレクトラ”は人の名前であり、エーレクトラーとも言うそうです。彼女ははミュケーナイの王女でありました。
父であり、王アガメムノーンが、実の母クリュタイムネーストラーと愛人アイギストスによって、トロイア戦争から凱旋した夜に殺害されてしまいます。
史実では彼女はミュケーナイからオレステースとともに脱出したとなっていますが、今回、上演する物語でエレクトーラーは弟のオレステースの帰還をミュケーナイで待つことになっています。そして、姉弟、力を合わせ、母と母の愛人に復讐を果たすわけです。

劇団新和座がこの秋にお送りする、復讐劇!
家族とは何なのか、信頼とは何なのか・・・復讐とは・・・情念とは・・・
今、この混沌としている世の中に問いかけようと思います。

エレクトラの公演情報は
パソコンの方はコチラ
携帯電話の方はコチラ
をご覧ください。

--------
皆様、応援、いつもありがとうございます!
クリック、お願いいたします!!
CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
posted by 劇団新和座広報部 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(1) | エレクトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130114461

この記事へのトラックバック

アガメムノーン (アイスキュロス)
Excerpt:  アイスキュロス(Aischylos 前525?〜前456)は、古代ギリシャの劇作家で、ソフォクレス、エウリピデスと並ぶアテネの生んだ三大悲劇詩人です。 アイスキュロスは高校時代の世界史で必ず登場する..
Weblog: OMOI-KOMI - 我流の作法 -
Tracked: 2009-11-04 23:48