logo.jpg

公式サイトはコチラから



2009年03月23日

まじめにやってればよかったね〜

王女メディアには今回たくさんの俳優さんが客演してくださいます。
その中でも今回、演出武藤の古くからの友人であり、今回、舞台を快く引き受けて
くださった、ヘンミケンオさんを紹介します。

IMG_1466.jpg
1990年代、声優養成所で演出武藤と出会う。同期生として、共に芝居に打ち込む。以来、武藤とは友人として、演劇論を昼夜を通して語り合ったり、色々な場所に遊びにいったりと公私ともに仲が良い。舞台出演はブランクがあるものの、この度武藤の呼びかけに快く賛同し、旗揚げ公演に参加。芝居への飽くなき挑戦と、何度も繰り返しながら、役にに向き合うその姿は若い新和座座員の刺激になっている。岡山県出身。(公式サイトより)


アルマ即興が終わり、武藤がヘンミさんともう一人の友人と一緒にご飯を食べて
いた時に今回のお話をしたそうなんですが、快く引き受けてくださったそうです。
実はヘンミさん、アルマ即興もヘンミさんは見て下さったそうで、楽しく舞台を
やろうかな!とご英断いただいたとのことです。

久々の舞台出演にも昔とった杵柄、お稽古の中では若い俳優陣にはない発想で、
グイグイ、全体を引っ張ってくれています。
武藤は
「いやぁ〜ヘンミさんに頼んで良かった〜
 舞台が引き締まるし、お稽古場もなんだか、ちょっと締った感じがするね〜」
とのこと。


そんなヘンミさんと武藤と数人で先日のお稽古帰りに急遽、お茶をしに行く事に。。。
でるわ、でるわ、武藤の不真面目列伝!!!
普段は座員に「真摯に取り組もう!」とか言っている人との行動とは思えません。
そこでもすかさず、、、「若かったから。。。」と歯切れがわるそうですふらふら

その日の二人のお言葉が印象的でした。
「まじめにやってればよかったね〜」

聞いていた俳優陣、反面教師?でがんばって行きましょう〜


※お二人の名誉のために記述しておきますが、
 お二方とも舞台にかける情熱の仕事はほんとに素晴らしいです。。。
 怒らないでくださいね。。。わーい(嬉しい顔)








posted by 新和座制作部 at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 客演紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。