logo.jpg

公式サイトはコチラから



2016年03月13日

変身!

先週風邪をひきまして…
久々に風邪をひいたもんで…もうパニクりました。
喉が痛くなり、鼻がつまり、熱が…インフルエンザか?!と思いましたが、検査の結果、陰性で…
高熱が出ると…本当に苦しいですよね…
季節の変わり目…皆様是非ご自愛ください☆

さてさて☆今日も今日とて新和座のお稽古ですが・・・
2016-03-13ba.jpg
今回ご出演いただく客演の皆さんもスケジュールを調整していただき、お稽古にご参加いただいております☆☆
今回の「ロミオとジュリエット」、色々な方に客演としてご出演頂きますが…3月、4月に舞台本番を控えていらっしゃる方も居られます☆☆
しかし、バイタリティあふれる皆さん、我が新和座のお稽古場でも発奮してくれております♪
本当にありがたいことです☆☆

今日…ぼくは、役者さん達のお芝居を見て思ったことがあります。
何かのきっかけ…スイッチが入ると、その役になる人も居れば、目を閉じて次に開いた時に役になっている人も居れば…周りの空気をまとって変わる人も居れば…呼吸をするかのごとく、瞬時に切り替わる人も居る。
色々な方法がありますが…みんな「変身」しているんだなと感じました。

ぼくも役者をやっていた時期がありますので…思い出しますが…「役に近づく」という感覚もあれば「役を近づける」という感覚もあると思いますし、ぼくが一番しっくり来ているのは「役と向かい合う」という事です。

しかし、その作品を見ている人々にとってはその方法はどれでも良いと思っていて…役者さんが役を演じる、「変わる」と言う事がお芝居の根本の一つだと思っています。

一口に変身と言っても…魔法やサイボーグではありませんので実際に変わるわけではありません。ですが、細胞、神経、血液、脳…実際には変わりようのないモノがイメージの中で変わっていく。役者の自分ではない…「役」というものに変わっていく過程…
役に変身する、その方法やきっかけ、気持ちの持って行き方というのは人それぞれですし、お稽古や訓練の中で養われるものですが…これを瞬時にしていくことはぼくは非常に大事だと思っています。
何故ならば、瞬時に切り替わるからこそ、舞台上にある、あらゆる情報に対応できるのであって…ゆっくりしていたら…その情報に触れても逃してしまいかねないと考えているからです。

次回以降も…役者さんのさらなる『変身』が見られると思うとドキドキします☆
次期公演「ロミオとジュリエット」の詳細は、今月末近辺でお知らせできるように準備中です☆
今しばらくお待ちください♪♪

また今日からの1週間、皆様に嬉しい出来事がたくさんの1週間でありますように☆
演出部武藤でした♪
posted by 新和座制作部 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古場日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。