logo.jpg

公式サイトはコチラから



2016年01月23日

満たされない、がいい?

一か月が遥か昔に感じます。
ここ一週間は寒い日が多くて凍えそうでしたが、空気が澄んでいる日が多かったのか星と月が綺麗でした。
寒さに身を縮めるとか、寒さが身を切り裂くとか感じることも、葉がなくなって血管のように枝を広げているすかすかの木もただ寂寞としているのに、なんだか落ち着く。
……のは不思議だねって友達と話しました。


どちらかといえば、落ち着くというような雰囲気じゃないんだけどね。全体的に、その逆? でも春の方が苦手だな(桜だけは好きだけど……)と思っていました。


春はみんなが浮かれていて快活な雰囲気があるから、その中に自分が入れないと逆に苦しくなるからじゃない? とか言われ、ああなるほど。


厳しさの中にあえて身を置く! とかいうことでは全くないのですが、少し寂しくて少し悲しくて少し苦しいくらいの方が、前に進む理由があって個人的にはいい気がします。
多少の満たされない感じがした方が安心するといいますか。満たされるっていうのはある種の一時的ではあるけれど、完結の形で、停滞するのは怖いです。
居心地がよかったら別にそれでいいですからね。幸せになるために努力して生きるのはある面ではみんな同じだし。


先日、数年ぶりに偶然恩師と再会したのですが、話していて、いろいろ思うこともあり久しぶりに振り返ったり考えたりして、やっぱりわたしは大分足りない感じが好きなんだなと再確認しました。
上手くいくことはそれはもう幸福でそれを願って努力しているはずなのに、実際上手くいかなくて足りなくて、あーでもないこーでもない。あれもこれもそれもどれもやってみよう!
上手くいかないなーだめだな自分。じゃあもっと痛めつけてやろう。ああこんな種類の苦しみもあるんだな。とかやってる方が人間らしい(一般的にという話ではなく)かな、と思ってしまう難儀な癖がありました。
足りない満たされない欠けているからこそ得られる部分は、幸福とは違った種類の得られるものだと思います。
目標を達成するために努力していることがあるはずなのに、実際到達すると、嬉しくてもそれで完結で、でもまた同時に違った問題が発生し維持したりするのにも努力が必要になったりするわけで、どんな形でも生きている間に完結というのはとても難しいと思うのですが、もしかしたら足りない間に得られる種類のものの方が単に好みなのかもしれない、ということかと。
自分で言っていてもよくわからないのですが。
ひとつ達成しても、すぐじゃあまた次っていってしまってあっけないからあまり印象に残っていないだけかな。もちろんそんなことの方が少ないのですけれど。
達成はもちろんきっと一番大切だしそこに到達しなければ見えないものももちろんあるのですが、それだけじゃないのかな、とも思います。どちらも味わうのが理想的ですね。
そう簡単に理想通りに進まないのが人生ですけれど。


気づけばいちごフェアなるものがいたるところで開催されていたので、早速いちごのケーキを三種類ほど食べてみました。
いちごと言えば松井ちゃんのイメージが定着している。いちごを見ると彼女が浮かびます。
いちごの人。そういえば学生の頃「○○の人」みたいなイメージをつけるといい。みたいな話を聞いた気がしたけれど、わたしにはついぞそういうものはなかったな、と今(今!)思いました。
ふらふらさらさら好きなように流れてきてしまい、何か残ってるかと言われたら自分の中にしか残っていないのですが、最近はそれはそれでなんだかいい気がしています。自分の中にあれば。
それもまたひとつの形かな、と。
生き方にはこうあるべきがないからいいですね。誰かを傷つけることさえしなければ、自分が好きなように生きればそれが正解だと思います。
あ、でもだめな自分や怠惰な自分を肯定してるわけじゃないです。大体だめなのは当たり前の気がします。何もかも持ったスタート(生まれた時点で)ではないから。だから努力が必要。


いちごのケーキはおいしかったです。
でもケーキになると当然ですが甘さが足されるので、わたしはいちごは意外とそのままの形で味わいたい派なのかときづいた。
パフェに乗ってるいちごは大体そのままだから、ケーキよりもパフェの方がいいのかもしれないです。
千疋屋のパフェは一番好き。いちご出ているのでしょうか。行きたいな。なかなかいけない……。
意外といろいろなお店でいちごフェアなるものがやっていて、いちごの愛され度合をようやく認識した(遅い)わたし。
そういえばマロンの時季とか桃の時季より凄い気もします。
ショートケーキは永遠に定番だと思っていて、わたしは好きですが、カットだと見た目にそこまでインパクトがないせいかフェアの時はやたらきらびやかで華やかなデザインのケーキが多いですね。
かわいいの決して嫌いじゃないのですけれど、わたしはシンプルでも構いません。
いちごがおいしく食べられるのであれば。


では皆さま、素敵な週末をお過ごしください。
posted by 新和座制作部 at 19:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする