logo.jpg

公式サイトはコチラから



2015年06月30日

やればやるだけ結果になるってにやけるよね。

image1.JPGまこです\(^o^)/

楽しみにしていたレツゴなイベント!!
参加してきましたよ!!!

(((o(*゚▽゚*)o)))

イベント内でのレース、今回は同時に走らせて勝敗を決めるのではなく、タイムアタックだったのですが。
私のマシンはコース走行のお初な子だったので、タイムよりも完走が目標でございました!
コースアウトせずちゃんと完走してくれたので結果には大満足!( ´ ▽ ` )

image2.JPGレツゴシリーズの新しいBlu-rayBOXが発売された記念で催されたイベントでもあるので、声優さん達のトークタイムがあったり、そこで作品の裏話を聞けたり、夢のようなセリフをポロっと言ってくれたり……私は何度涎を垂らしそうになったことか…。

イベント中にチラリと出た話題ですが、組み上げる段階から部品をコースに合わせて調整したりして、手を掛ければ掛けただけ、速さだったり完成品の仕上がりだったり、結果に繋がる、応えてくれる…それがミニ四駆なんです。
私も今回はなんとか早く走らせてあげたいと思って出来ることをグワァっとしたので、前回より更に深く楽しむことが出来ました。

image3.JPGそんなやればやっただけ楽しめる素敵なもの…レツゴでいうところのマシンは唯一無二の相棒!…に出会えて、レツゴ好き、ミニ四駆好きさんばかりいる空間で!
またわいわい!!
過ごせたなんて!!!!
幸せで頭パーンしそうでした!てかした!!

次もあったら何がなんでも参加したいお*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*




もちろん、手を掛ければ掛けただけ結果に繋がるのはミニ四駆だけではないと思います。
だって次の公演も、マシンと方法は違いますが、どんどん手を掛けて、素敵なものに出来たら良いな〜と企んでおりますからね( ̄v ̄)ニヤリ


ふぅ………こうやって別なところにもやる気スイッチを押してくれるレツゴって、やっぱり偉大だなあ…!!




まこでした\(^o^)/
posted by 新和座制作部 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

なつ

月曜日、ならりえです。

夏のイベントがちょいちょい始まっておりますね。

家の近くでは一ヶ月に3回ほど縁日がひらかれるのですが、もうそんな季節か!と毎年思います。

この前行ったときは、まだ店舗数が少なかったのが非常に残念でしたけどね・・・

恐竜展もやるので、これはぜひとも行きたいと思っております。
posted by 新和座制作部 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

27通り。

今日は暑い日でしたが…雨が降ったのでしょうか…夜の風が非常に涼しいです☆
ジメジメ暑いは苦手ですが…
カラッとした天気が続いてほしいものです。

さて、今日は「配役」について書いてみました。
次期本公演の題材もほぼ決まり…キャスティング作業に入ろうか、というところであります。
このキャスティング作業というもの…色々な方法がありますが…
僕はまず、テーマを決めます。その作品に書いてあるテーマとは別に、このお芝居を通じて表現したい目標と言うべきものです。

役者さんにもスタッフにもこの目標を基準として仕事をしてもらう事にしています。
もちろん、キャスティングもこの目標に沿うようにしていきます!

次にバランス、役者さんのバランスを考えます。
2015-06-28b.jpgこのバランスというのは色々な要素が出現してくると思うのですが、特に年齢や容姿といったことは特に最重要として考えていません。(もちろん、脚本によっては指定されている場合もありますので、そういった場合は考えますが・・・)

上記の事を考えながら…例えば昔話「ももたろう」を僕が演出しようとした場合、
 A.ももたろうと中心とした勧善懲悪の活劇
 B.ももたろう、おじいさん、おばあさんの家族を中心とした家族ドラマ
 C.鬼を中心とした破滅的な世界観をあらわすドラマ
同じ脚本でも、上記3つの表現したいことを考えると・・・とやはり、キャスティングは変わってくると思います。

同じ俳優さん達の中でキャスティングしようとしても何パターンも出来てきます。
そのパターンを一つ一つ検証していきます。
この場合はこう…でもここではこのパターンがいい…
このパターンの場合は…と…
こうしたパターンの中で…演出目標とバランスを見て…最終的に俳優さんにお願いします。

こうしたことから、役と物語の関係というのをより深く研究し、俳優さんの個性などを取り入れ、何を表現したいか、表現できるかと考えることが配役のお仕事の大部分だと考えています。


また明日からの1週間、皆様に素敵な出来事がたくさん巻き起こる1週間でありますように☆☆
演出部武藤でした♪
posted by 新和座制作部 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古場日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

日常に溢れる……

昼間は暑くなるけれど、朝は少し涼しくて、だから朝飲むコーヒーはいつもホットでした。
もう少ししたら朝からアイスコーヒーを飲みたくなるのでしょうか。
だけどまだ、湯気が立つあったかいコーヒーにほっとしている。

目元が痒くて、指先でなぞったらふわりと甘い香りがした。
そういえばさっき桃を剥いたのだったか。
もちろんおいしいけれど、食べ終わったあとまでなんだかほっこりする。
夏の果物は他の季節のものより瑞々しい感じがしますね。
今週は、びわに、さくらんぼに、ネクタリン、桃、バナナといろいろなフルーツを食べました。
あ、外国のも混ざっていますが。


朝起きて、乾いた喉に染み込むフルーツの瑞々しさは、夏の方が実感します。
果物の甘さは、お菓子とかの甘さとはまた別の甘さで、緩やかに感じて。
まだ半分寝ているような朝にぴったりなんです。そして少し贅沢。
皮を剥きながら香りを楽しみ、持っている間に滴る果汁から瑞々しさを感じ、最後に食べる。
工程がなんだか贅沢。
買ってから食べるまでに少し期間がある食べ物(野菜とか果物)には私は名前をつけてしまう習慣があるのですが、長いこと置いておくとやはり食べる時少し寂しくなります。
毎日見ていた南瓜に包丁を入れる瞬間とか。切っていって、煮て、食べてしまうのですが。
お肉と違って生きていることを感じにくい野菜とか果物も、生きているのだなと意識させられます。
改めて命をいただいているのだな、と思いながら今週も長い間一緒にいた南瓜(かぼちゃん)を調理しました。


祖父母の家が福島なので、子供の頃遊びにいくと夏にはいつも大量に桃があって、数えきれないくらい食べました。
子供だったから、その贅沢さがわかっていなくて、大人になってスーパーに並ぶ桃を見るとため息がでます。
桃って結構高いのね。あの頃はわからずばくばく食べてたな。桃の丸かじりとか沢山したけど今じゃとてもできない。
タイミングと期間を狙って買う桃は一パック二個入りのものだし、いつ食べようか考えながら、その日の朝は少し贅沢だぞって気合入れて皮を剥く。
懐かしいです。
桃を見るたびにもう子供の頃のことを思い出します。ここ数年。というかきっかけがあるとすぐに懐古してるような。
ああ長い時間を生きたなぁって言う程には生きていないけれど、それなりに時間が経ったのだなぁとしみじみ。
こんなことばかりですね。人生のそういう振り返る時期第一回目みたいなものに突入しているのかもしれません。


現代ものも好きですが、私はヴィンテージの食器類も少し持っていたりするので、気に入ったものが見つかると連れて帰ります。
ヴィンテージだから、気に入ったらその場で決断しないと大抵なくなります。
探して好みが見つかるものでもないので、たまにふらっと見にいって、気に入れば、という感じですが、そう簡単にはありません。
最近また久しぶりに気に入ったものと出会ったので連れて帰りました。
どういう経緯でここにあるのか想像してもしきれませんが、長い時間を超えての出会いはやっぱり不思議。
年代と国くらいは買う時に聞いています。 それで、想像するだけでいいのです。

ちょっとフランスっぽい色味だな、と思ったらアメリカのものだと聞いたミルクピッチャーを。年代は不明。
元々はどういうものを作っていたブランドだとか、お店の方に少し教えていただいたりして、また想像を膨らませる。

レンジ使えないし、割ってしまっても同じものは手に入れられないし、ちょっと不便ですが、だから大事に使っているということも言える気がします。
気に入った器に、吟味した食材を心を込めて調理した料理を乗せて食べる。
死ぬまで繰り返さなきゃいけないことだし、繰り返しているから麻痺してきて、適当でいいや!ってなったりする日もあるのですが、いやいかんいかんと、たまに気を引き締めます。
食べることは基本だからやっぱり適当じゃいけないな、と。適当にしだすとなんでも適当でいいやってなる気がして。

自分が取り込んだすべてで自分は出来上がっているのだから、
とても正直だし、偽らなくてもどうせありのままになるのだから、きちんと生きようと思う。

そんなんで今週はまた気を引き締めたりしたのでした。
せっかく食べているのだから、やっぱり適当はよくないですよね。いろいろな生き物の命をいただいてるわけだし……。
当たり前でも麻痺するのか、当たり前だから麻痺するのかはわからないけれど、これではよくない。

今週は考えることが多かったです。
それだけいろいろ出回ってしまったってことなのですが……。
インプットしすぎた。アウトプットと同時にできるほど器用じゃないので引き締めます。
今週も長くなりました。
皆様、素敵な週末をお過ごしください。
posted by 新和座制作部 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

昔の私

縮毛矯正ぱねぇ。
ども、金曜日はあなたのヲタ友、長谷川さんです!

またまたゲームなお話しになるのですが…。
この間久しぶりにキングダムハーツUを初めからプレイしたんですよ。
で、難易度が選べるんですけど

・初心者向けのビギナー
・標準的なスタンダード
・上級者向けのプラウド
・最上級者向けのクリティカル

と、4種類あるんですよ。
メモリーに残ってたのは、クリティカルLv.99とクリティカルLv.2……なるほど、昔の私はクリティカルでクリアしたのね…。
…やるじゃん←

じゃー、どうしたものか…久々だし、クリティカルを過去にクリアした私だもの、難易度を一つ下げてプラウドでやってみますか!
との結論に至り、プレイ開始!

が……最初も最初のボスが倒せない。

なぜに?!
え、あれ?
こんなに難しかった?
え、うそうそうそうそ、なんで?

いや、敵から受けるダメージが2倍でもこれは…え?
なんで?

約1時間頑張りましたが、コントローラーを投げました。

「無理ゲー!!!」

とか叫んだりしてまあ、恥ずかしい恥ずかしい。
クリティカルでクリアした昔の私なんなの?!

結果…前の残っていたクリティカルLv.2をプレイし始めると言うチート的なことをする今の私なのでした。
……か、悲しいお…。
posted by 新和座制作部 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

気持ちもSunny♪

もーくもくもく木曜日♪
木曜日更新担当の松井ともみです♪

前にお話した、梅雨入りに合わせて買った新しい傘を持ってお出掛けする時はルンルン…だったのですが!

なんと!
電車の中で居眠りをしていたら、うっかり寝ぼけて車内に忘れてきてしまいましたあ(´;ω;`)
手元に傘が無いことに気がついた頃は、お家の玄関…。

念の為駅員さんに事情をお話したら、日を改め無いと探せ無いとのこと…。

ですよねー(´;ω;`)

傘に困っている訳ではありませんが、新しい傘だっただけに凄くショック。
松井の心は土砂降りです。

と!
しょんぼりしてたら、母が新しい傘を買ってきてくれたんです(*>ω<*)♪
ありがとお♪お母さん♪
この傘もお気に入りになりましたあ♪
でもでも油断は禁物!
今度は無くさないように大切に大切に使おうと思います!

これで雨の日も楽しめるぞお♪
ルンルーン♪

明日も素敵な1日になりますように♪


*松井ともみ*
posted by 新和座制作部 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

さりげなく、大胆に。

image.jpeg毎年、この時期になると鎌倉にアジサイを見に行こうか悩む石井かほるです!

お寺を巡りながら、緑に映える色とりどりのアジサイを眺める…
とても風情があっていいですよね〜
普段は面倒なだけの雨も、その時だけは良い感じのポイントになったりします

横浜からだったら近いし、すぐに行けるじゃん!
と思われるかもしれませんが…

じつは、最寄り駅から家までの道中に色んな植物が育っている道があり、そこでも毎年キレイなアジサイが咲いているのです。
鎌倉と同じく色とりどりで緑に映えるアジサイ。

アジサイを通して見える景色は全然違うけど、綺麗な姿には間違いありません。

このただ道を歩くだけなら見過ごしてしまうような、ひっそりと、そして健気に咲いている花が好きだったりします。

去年見たときはハートの形に見えるのがあって、写メ撮って「恋愛運アップするのでは!!?」とか楽しんでました(笑)
そしてまた、ハートっぽい形を見つけられました〜♪
今年も良いことありそうです☆(笑)
posted by 新和座制作部 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

キケンなあの場所☆

image1.JPG雨が降りそうだったのに、傘を持たずに家を出てしまいました。
まあ、降りますよね…。
大丈夫だと……思ったのです…。

まこです\(^o^)/


行ってはいけないとわかっていても、行ってしまうあの場所。
行ったら最後、何か手に入れなきゃいけない気分になる危険なあの場所。

そう……ゲームセンター(=´∀`)人(´∀`=)


今日も、しばらく行くのはやめようと思っていたのに、ふらりと立ち寄ってしまったのがいけませんでした……。

以前、だだハマりしてグッズ回収に明け暮れたけどグッズが出なくなり離れてしまったキャラクター………モノクロブー。

そのモノクロブーの、ジャンボなぬいぐるみと、ガラス越しに目が合ってしまったのです。

円らな瞳…む、無視できない……ちょっと覗くだけだったのに……!!







しかし、今回は運良く楽に捕獲出来ました。ヨカッタ。


こいつも今日から、私の部屋に転がっているぬいぐるみの仲間入りです(笑)
モノクロブーは白と黒のブタさんなので、今回獲らずに見送った相方を迎えるかどうか悩むところですが…………結構でかいのですよ…うーん。

まあ、お迎えするかどうかは置いておいて。

ゲームセンターは……楽しい場所ですが……一度入ったらなかなか抜け出せない、キケンな香りのする場所なのです…。




まこでした\(^o^)/
posted by 新和座制作部 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

これぞだいじな・・・

夏至も過ぎ…夏本番を待つばかりとなってきました!
本当に一年って…時間の経つのは早いものです!!!

さてさて、今日は台本の中にある『大事な箇所』というテーマで書いていきたいと思います。

何の大事な箇所かと言えば…
台本の中で見落としがちでそれでいて大事な箇所です。
それは・・・
『…』だったり『―――』という箇所です。


最近は常識にもなりつつある、メールやラインのやりとり。
とあるもらったメールのタイトルが
『実は』
というのと
『実は…』
というとのでは
印象が違ってきます。
後者の方がなにか意味ありげです。

閑話休題。
台本や脚本の、特に台詞の部分に現れる『・・・』と『―――』。
2015-06-23.jpg私はこういうダッシュや三点リーダが出てきた時こそ、役者さんが想像し創造する一番のポイントだと考えています。

これは単に黙るということではなくて、
ある時は言葉につまり・・・
ある時は相手を見つめたり・・・
ある時は空想、回想をしている―――。

思いを巡らせる時間であり、思いをある種覚悟する時間/空間ではないかと考えています。

そんな時だと思うわけです。その台詞をしゃべっている人のみならず、全ての役がその『・・・』や『―――』で何かしらの動きや気持ち、仕草を創造できたらそれこそ、そこにしか生まれない空間、アンサンブルができるのではないかと考えています。

この『・・・』や『―――』の表現は無限に存在すると思います。また、『・・・』や『―――』を表現することによって初めて俳優さんの個性やパーソナリティの一部が発揮されるとも思います。

台本や脚本を読むときに是非、この『・・・』と『―――』ではどのような空間になっているのか、また、他の台詞や仕草にどのような影響を及ぼしているのかといったことを考えてみると面白いと思いますし、役作りをする上で忘れてはいけない箇所だと考えています。

この『・・・』と『―――』でもその登場人物は何をどのように感じ、どんな息遣いをしてどんな顔、表情をしているのか―――生きている以上何かをしているはずで―――台詞本体のみにとらわれず、こうした仕草や表情を想像し創造していくこと、メールの喩えのように印象深い役作りをしていくことが大事だと私は考えています。
posted by 新和座制作部 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 演出家 武藤賀洋のお芝居について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

質問&質問☆

父の日の今日、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今日のお稽古場では…
色々なアイデアが出てまいりました☆

2015-06-21.jpg次期公演はオリジナルの作品ということで準備を始めましたが…今回、私、武藤は…色々なインタビューを座員にしてみました。
と言いますのも…私の年代の感覚と若い世代の感覚…ひとつの事象に対してどのような違いがあるのか、ということを突き詰めて見たいと思って行ってみました。

例えば…
『食べる』
という言葉で、どのようなイメージがあるか、という事を聞いてみたのです。
座員一人ひとり、違いがありました。
はじめは…世代の違いで何かあるかな、と考えて聞いてみたことですが…
当たり前のことですが…性別も年代も違う。もちろん生い立ちも。
そこには、世代の違いなんてありませんでした。
あるのは…一人の人間としての考え方、捉え方。

その事に遅ればせながら気付いた時に座員に色々な質問をぶつけました。
こんな質問、公演に関係あるのか?!と思うような質問まで…
今日…色々な質問をし、答えを聞きました。
約50問の質問を人数分…さすがに目が疲れましたが…良いアイデアが浮かびました♪♪

冒頭にも書きましたが…今日は父の日。
父がいて、母がいたからこそ、僕が居る訳です。
先ほど書いた…一人の人間としての考え方、捉え方。
これが出来る根本も父と母のおかげだと改めて感じました。

さらに明日は夏至。
一年は本当に早いものです…
暑くなったり寒くなったりの季節の変わり目…皆様、是非ご自愛ください☆
今週も素敵な1週間を♪演出部武藤でした。
posted by 新和座制作部 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古場日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

理由があること

久しぶりに晴れましたね。
今週はあまり天気が優れず、寒かった。
一度は半そでになったはずなのに、また長袖に逆戻り。
もう6月も半分を過ぎたのになぁ……。
夏はいつくるのでしょうか。

先日千疋屋に行くと、メニューにマンゴーパフェが載っているのを発見し、後日また向かいました。
毎年夏にやっていることのひとつ。
それは、千疋屋のマンゴーパフェを食べることです。
総本店でも京橋でも美味しいので、夏の間はなんだかんだどっちも行き。
いつもは確かもっと夏になってから行っていたのですが、メニューに載っているのを見てしまったからなんとなく今年は早めに第一回目のマンゴーを。
夏というにはまだ少し寒い日だったのでやはりいつもと少し感覚は違うのですが、先取りもよいものです。
真夏になったらまた食べて比べたいと思います。
それにしても……マンゴーパフェを食べると夏が来たなぁという感じがします。
梅雨が明けるまでは寒いかもしれないけれど、やっぱり季節の移り変わりを実感。
マンゴー美味しかった。


いくつかの本で同じようなことが書いてあるのを読んだ記憶があるのですが、本物を知っておく。みたいな。これは先生にも言われた記憶があります。
一概に、良い悪いとか、安いとか高いとかで判断できるものでもないのでしょうけれど、大抵、理由があって。
同じように見えるものでも、食べてみると違ったり。
そういうのって、実際に食べ物なら食べてみないとわからないわけで、値段だけで判断してはいけないのだな、と思いました。
あらゆる幅のものを知って初めて、それのいい点や悪い点を知ることができたり、物事を立体的に考えることができるのだな、と。
ここ数年、地味に地味にではありますが、実践してきてひしひしと感じております。
贅沢だなぁと思うこともあるけれど、触れなければ、経験しなければわからないものもあるわけで。
でも現実にはそういう最高ばかりの選択をすることもできないので、生きるのにはバランスが必要なんですよね。
とりあえず、いろんな幅を知ってから、ここに関してはこっちでいいや、とか、こっちに関しては少しいい方を選ぼう、とか、生き方の選択が増え
ました。
自分というものは、普段の自分が触れたり作りだすすべてからできているので、単純なことではなく丁寧に選択していきたいと思っています。
マンゴーパフェは私にとっては少し贅沢なのですが、普段の食事は健康を考えるうえで質素にしているので、ついでに節約し、毎年楽しみにしているマンゴーパフェを食べに行っていたりしますよ。

自分の倍くらい生きている方が、今時の若者は欲がない、とおっしゃっていたのがいつまでも残っている。
空気を読むって言葉があるように、そうしなければ、SNSなどで人と繋がりすぎている今は生きにくい時代なのかもしれません。だから、欲という一見いいイメージを持たないものは持ちにくいかもしれない。
だけど、私は欲を持つことは向上心に繋がっていると思っています。
基本的に何か目指すところがあるから前に進むわけで、方向性がわからなければどこにいったらいいかわからない。
欲を持つのは前に進むための自然の力なのではないでしょうか。言葉のイメージではなくて、内容だって人それぞれだし、もっとフラットに考えていい気がします。
小さなことでもいいらしいですよ。
興味を持ち、挑戦し、向上心を持つ。欲は原動力ですね。
時代が違えば、想像はしても実際世代間の違いはお互いに完全に理解しようもないのでしょうけれど、人生の先輩方に学ぶことは多いので、やはり、納得してしまいます。
それだって生きた年数を重ねて経験から導き出されたその個人の答えのひとつなのでしょうから。
欲、というかやはり向上心は持っていきたいものだな、と思います。
成長するには、向上心と失敗と、そこから学ぶ力と、また恐れず立ち向かう心の強さが必要だと思う……。
難しいですね。
空気をあまり読まない分、私自身はたぶん少しはやりやすくはありますが……。
SNS、便利だとは思いますが、どうしてもクリエイティブな部分は孤独的な要素から生み出されるものもあるのかと思うので、私は必要最低限しか使っていません。
難しくて、人と接することでしか得られない部分と、人と関わらないことでしか生み出されない正反対の部分があるので、バランスが大事、だと思います。
あとはどういう方法が自分にあっているかと、自分がどこを目指しているか、でしょうか……。
あと流動的なネットの情報より、緩やかな情報取得の選択をするようにしています。
ネットは多く知ることができるぶん、必ずしも正解ではないことが溢れているのが欠点ですよね。上手く利用すれば便利ですが、とても難しいと感
じる時もあるので。
あとは物理的な問題でそれに避ける時間とかの兼ね合いで。
まだ手探りですけど、面倒だったり時間がかかる分、自分に染み込む深さもあって、私は結構気に入っています。

長くなってしまいましたのでこのへんで。

マンゴーパフェを食べながら、そんなことを考えた今週でありました。
今から父の日のカード書きます。
では皆様、素敵な週末をお過ごしください。
posted by 新和座制作部 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

やっと!

image1.PNGゲームの話だよ?
それでも良いなら、ゆっくりしていってね!
ども、金曜日はアナタのヲタ友、長谷川だよ!

きたきたきました!
やっと!やっと究極進化できました!
私の二体目のホルス!(パズドラ)
スフィンクスとトトが必要で必死にダンジョンまわりましたよ!
お陰様でスフィンクスが獲れる獲れるw
次はラーなんですが…進化素材がないない←
そして、覚醒スキルに必要なモンスターがないないない…
あと4体必要なのよね…
まあゆっくり集めますよ…

次はラー!
いろんなダンジョンまわりまくるぞー!
なので、早く火曜日こい!←←
posted by 新和座制作部 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

懐かしいプラ板♪

image2.JPG
もーくもくもく木曜日♪
木曜日更新担当の松井ともみです♪

物作りをするお友達が増えてから、自分も何かを作りたくなって、幼い頃に遊んだプラ板を思い出して久しぶりに作ってみました(*´ω`*)♪

プラ板買ってー♪
紙やすり買ってー♪
色塗ってー♪
オーブントースターでチーン♪

オーブントースターで縮まる姿を見て、くっ付いて潰れてしまうのではないのかと心配でしたが、なんとか完成して良かったです(*>ω<*)

プラ板で作りたいアイディアが他にも浮かんでいるので、またお休みの日は作ってみようと思います♪


*松井ともみ*
posted by 新和座制作部 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

ツラいけど、頑張れちゃう!

昨日、初めてエクササイズとやらに参加してみた石井かほるです!

元宝塚ジェンヌの天霧真世さんが考案した「マヨササイズ」というもので、麺棒使ったりペットボトル使ったエクササイズなのですが…

筋トレとか挑戦しても、途中から辛くなると続けるのもキツくなりますよねー


でも!

皆でやると!

あら不思議、もっと頑張ろう、まだまだいける!と思えてきちゃう!


一人だと辛くなると続けるのも大変ですが、これなら皆について行かなきゃとか、先生の熱い励ましに応えなきゃ、とか精神的に強くなるんですよねー

また機会があれば、エクササイズに参加してきます☆
あ、もちろん家でも続けようと思ってますよ!(笑)
posted by 新和座制作部 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

オタマロに見つめられながらマシンをいじくる。

image1.JPGimage1.JPGまこです\(^o^)/


なんとなく、我が家のオタマロ達の集合写真を、改めて撮ってみました。
丸っこいので、並べ方を間違えるとコロコロコロコロ……
ちょっと手で支えながらパシャり。
結構集まりましたが、まだまだ増やしたい…オタマロに埋もれたいです(笑)


そして、今度レツゴなイベントがまたあるので、そこでやるレースにどのマシン出そうか考え中。
まともに走らせてあげたことのないやつを使おうとは思っています。
手元のパーツが少ないので、当日までに買い足したりしながら、いじくらないとです。ふふ。
勝てたら勿論嬉しいでしょうが、勝ち負け関係なしにみんなでワイワイと走らせるのも楽しいんですよね〜。
早く走らせたい!わくわく!!!(=´∀`)人(´∀`=)


そうそう。
新和座のお稽古は次の公演に向けて動き出してて。
オリジナルな内容のこちらも、今からお披露目できるのが楽しみです☆


まこでした\(^o^)/
posted by 新和座制作部 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

月曜日、ならりえです。

夏が来まして、暑ガールな私は大変です。
もう「真夏だ!」と騒いでいると、周りは冷ややかに私をみては「まだだよ」と返答します。

おいおい、暑がりはいないのかい。
みんな涼しげな顔で。
分かっているよ、みんな暑いんだろう。

しかしね、涼しげな顔が出来ないくらいに暑いんだよ。
普段もにぶい働きの頭が、一段とスローモーションになるんだよ。

「言っても変わらないんだから、我慢しなさい」
出ちゃうんだよ、暑さに頭が洗脳されておるのです。

はー夏は花火に縁日に浴衣にと、楽しみはたくさんあるので、わくわく過ごそうと思います。

クーラー必須ね。
posted by 新和座制作部 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

次回の公演に向けて☆☆☆

本格的な梅雨の時期です。
実は僕は…雨が苦手でして…梅雨の時期は何にもしたくはないのです、、、
しかしそうも言ってられません。。。
今日も今日とて劇団新和座のお稽古は続くのであります♪

さて、第8回本公演から早1ヶ月。
座員はボイスサンプルを録音したり、リフレッシュしたりとのびのび過ごしてきましたが…”劇団”新和座。次の公演の準備に取り掛かっております☆2015-06-14.jpg劇団として活動している以上、公演の為の稽古が基本となりますが…公演の企画が立案されてなかったり、会議を重ねている最中ですと…それぞれの訓練を行います。
前回公演の反省点。自分の短所、不得意部分を見つめること。自分の長所、得意分野を伸ばすこと。公演の為の稽古がなくても、座員それぞれ、訓練は怠りません。

本公演後のそんな1ヶ月を経て…いよいよ、次期公演の企画がおぼろげながら見えてきました。
劇団新和座、第2弾となりますオリジナルを制作しようと準備を始めました☆
秋口の上演を目指し、制作を進めてまいります☆☆☆
再来週あたりから座長も合流し、稽古スタートであります☆
今回はどんな物語になりますやら…乞うご期待です♪


本日は、稽古場に『救いを求める女たち』で伝令使を好演くださいました、林勇作さんが遊びに来てくれました♪
林さんは男気溢れる素晴らしい俳優さんで、実は先月の公演でも色々とお手伝いくださいました☆
本当に涙が出たくらい嬉しかったです☆☆
林さんが7月4日、5日に出演する舞台、
たま演劇フェスティバル参加「ドラマ館第30回公演」の情報はコチラから
林さんの所属劇団、
でこぼこギアのページはこちらから☆

また明日からの1週間、皆様に素敵な出来事が盛りだくさんの1週間でありますように♪♪♪
posted by 新和座制作部 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古場日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

変わるものと変わらないもの

今週の新和座ブログを読んでりえちゃんが鳥獣戯画展に行っていたことを知る。
私も行きましたよ。鳥獣戯画展。
しかもりえちゃんは朝から並んで三十分で見られたとか……いいな。
私は二時間以上並んだ気がします。もう心を殺していたから正確に何時間並んだのかわかりません。
並んだ時間は置いておいて、以前から見たいと思っていたので今回近くで観られてとてもよかったです。
それにしても、美術館で絵画など見ると、いつも、長い年月を超えて今この目で見られることがとても不思議な感じです。
当時、作者がどんな想いで描いたのかとか、筆を最初に入れた瞬間とかいろいろ想像してしまう。
まさかその百年後だとかに誰か全く知らない多くの人の目に触れることになっているだなんて思わなかったかもしれないな、と考えると人生はやっぱり不思議。
大して長くもない自分の人生にだって、数年前はこうなるなんて思わなかったなぁ……と思うようなことが起きたりするのですものね。

今週はなかなかにいろいろなことがありました。
日々増えていくだけの生きた時間にどんどん上書きされてほとんど残らないんだろうなぁとは思いますが、その中でも欠片ほどでも強く残るものがあると、しばらくはそれを撫でていられると思う。
私はシンプルでわかりやすく単純なものが好きなので、そういうものばかりになっていくのですが、いろいろなものをそぎ落としていくと結局はそこにかえるのかなと思うのでもうそれでいいやと思うようにしています。美しいものはそれなりに繊細で扱いにくかったりするので、綺麗だけど長年持つには向かなかったり……。あくまで記憶とか限定ですけど。
記憶って結構都合いいみたいなので、なんとなく時間をかけて偽物になっていったものを本物だと思い続けるのも嫌だなと思ったりして、だから華美でなくてもいいと思いました。
こう考えるようになってから自然体度が増しました。
たぶん、これも永遠には続かず知らないうちに変化していくのだろうなぁと思いますが。
先日久しぶりに会った友達と話していて、変わらないところと変わったところをはっきりと感じたので。それはもう自分であって自分じゃないようで誰かの話を聞いているようで不思議な感覚なのですが、時間の経過ってそういうことだよなぁと。
いろいろ考えるところもあったので、またそんな想いをこねくり回しながら週末楽しみます。

では皆様、素敵な週末をお過ごしください。
posted by 新和座制作部 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

目的と方法

お芝居に限らずどんな仕事でもそうだと思うのですが、『目的さえはっきりしていれば、方法はいくらでもある』と思うのです。

例えば、100万円、手に入れようとしたら…どんな方法があるでしょうか。
 ・一生懸命仕事・アルバイトをする。
 ・ネット副業やアフィリエイトで稼いでみる。
 ・借りる。
 ・盗む。
 ・援助してくれる人を探す。
 ・ダブルワークなどで馬車馬のように働く。
       ・
       ・
       ・
       ・
などなど色々と考えられるかと思います。
色々な方法を模索してから、制限があるもの(例えば、法に触れるなど)を打ち消していくことが必要かと思います。最初に頭の中だけで、方法を制限してしまうと、方法に固執してしまって、目的を見失ってしまうことになりかねません。

また、方法は方法であって、目的には成り得ません。
例えば、
 ●目的→家計簿を簡単につけたい
 ●方法→表計算ソフトの使い方を勉強し、家計簿をつける
とします。

2015-06-12.jpgこのとき、表計算ソフト・・・例えば、エクセルを買って、勉強し始めたとします。色々便利な機能がありすぎて・・・また、最初のうちは面倒なこと、覚えることが多すぎて・・・となっていってしまったり、「エクセルでないと家計簿が付けられない。覚えないと家計簿ができない。」というなんだかわけの分からない考えに陥りがちです。
目的を思い出してみると、
『家計簿を簡単につけたい』
ということですので、違う表計算ソフトに変更しても良いですし、それこそ、”家計簿ソフト”なるものを買っても良いでしょう。
もっと言うと、文具店などで販売している『家計簿帳』などでつける手段もあります。
また、人の家計簿を参考に、自分でオリジナルのノートを作成してもよいでしょう。
究極的には、家計簿をつけている人に自分の家計簿をつけてもらうというのもではないでしょうか。

これはお芝居にも言えることだと思います。
役作りや練習、稽古の目的を常に明確にし、方法や手段を柔軟にかつ、道筋を多く考え、常に変更が利くように
余裕を持って、取り組むと良いと私は考えています。

※長谷川奈美の記事は別仕事の為、お休みです☆来週の登場にご期待ください♪
タグ:演劇 目的 方法
posted by 新和座制作部 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 演出家 武藤賀洋のお芝居について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

絶望の縁に立ったとしても…

さてさて、今日の記事は…
「失敗」
について書いてみたいと思います。

2015-06-11.jpg結論から言えば失敗しなければお芝居は上手くなりませんし、
失敗したからこそ生まれるものがあります。

講座やワークショップで若い方と一緒に研究を進めていると、
”私(先生)に褒められる事を目標”にしていたり、
”私(先生)に叱られないように無難にまとめたり”するような傾向が多く見受けれます。

・・・。
これでは、何も変わりませんし、お芝居はうまくならないと思います。

失敗するからこそ得られる情報もあるのです。
たとえその失敗が絶望の縁に突き落とされるくらいの失敗であろうとも、お芝居に真摯に向かっていたのならば必ずその出来事は種となり、花が咲き、実となることと思います。

お稽古やレッスンでは大いに失敗したほうが良いのです。
恥ずかしいと思うことなど何もないのです。
でなければ、もともと無い答えを永遠に探し求め、迷路にはまってしまう可能性もあります。
レッスンやお稽古で失敗し、何かを学ぶからこそ、そこから気付きが生まれ、色々と自分の身になっていくのだと思います。失敗を恐れたらそこで上達も進歩も止まってしまいます。

またこれは別の話で書く時がくると思いますが、叱られているうちが花、ということも昔からよく言われます。
是非、お芝居に真摯に向き合い、色々叱られながらお芝居の研鑽を積むのが上達の道だと私は考えています。

※松井ともみの記事は別仕事の為、本日おやすみです。来週の登場にご期待ください♪
posted by 新和座制作部 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 演出家 武藤賀洋のお芝居について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする