logo.jpg

公式サイトはコチラから



2015年05月30日

考えること

夏みたいに暑い日でしたね。
だけど風は吹いているし、日陰は涼しいようで、通過したカフェのテラスには人が沢山。
普段はあんまり思わないけれど思わずお茶をしたくなるような涼やかさ。
アイスティーが美味しそうに見える。普段はホット派なのに。
夏ですね。

なんだかやたらと植物が枯れ気味になるなぁと思い、水をあげたら回復。
でも、あれ、また水あげてる。ちょっと前まであげてたペースより早い。
ああ。植物も早く乾くのですね。
夏ですね。

風に揺れる小さな植物の葉を眺めて一人うっとりする。
なかなか育てるのが難しい種類でしたが最近ようやく安定してきました。
やはり生き物だから難しい。
育てていたことがなかったからわからなくて、犬とか猫とかの生き物より楽だと思っていましたが、いやそれよりかは楽なのかもしれませんが、
やっぱり難しいです。
先日まで元気だった別の種類は先日突然元気をなくし、瞬く間に枯れてしまいました。
あれだけ元気だったのにどうしたのか原因不明。しゃべらないし。
終わる瞬間はいつでも寂しい。どんなものでも寂しい。あれだけ元気でも終わりはくる。しかも突然。
数日落ち込みました。
植物なら亡くなってもそれほど悲しくないだろうと思って育てていたのに誤解でした。悲しいです。
これ以上のペットを飼える気はしません。そういう悲しさに耐性がなくなっていって、昔はそんなこと考えなかったのにな。
生き物はいつか必ず死んでしまうものだから、その過程を大切にできなければ難しいですね。過程の幸福はもちろん描けるのだけれど、それより遥
か一瞬の最後だけが一番気になってしまう。
失わないこともありえないのですが、失う悲しみは何度味わってもなれないものですね。むしろどんどん耐えられなくなっているような気が……。
最近そんなことばかり考えています。
変わらないことはないのだなぁと思いながら、十年経たないうちの変化は、じゃあこれから何十年とどうなっていくんだろうと考えると果てしなく
て恐ろしいです。
事実が浮かんでいるとすれば、それを眺める方向から見え方は変わってきてしまうので、考え方しかないのだろうなと思っていますが。
人と話していた時にその認識の差に気付いて、とても感じました。同じことでもこれだけ違うのだな、と。
でもじゃあ最善な見方から見られるようにしようと思っても、そう単純なものでもないのですよね。性質とかあるし、上手く調節なんてできないの
だろうなと。
そんなことを考えているうちに日が暮れました。
この時季の風でカーテンが膨らむ様子は結構好きです。しばらく眺めたのでそろそろスーパーへ買い出しに行ってきます。


では皆様、素敵な週末をお過ごしください。
posted by 新和座制作部 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする