logo.jpg

公式サイトはコチラから



2015年03月15日

準備と集中☆

明日からまた少しずつ暖かくなっていくらしいです♪
早く春になってほしいのです☆☆

さてさて、先日、芦原麻衣の入団がありましたが…
2015-03-15 17.43.54.jpg早速、合流し稽古を共にしております。とは言っても次期公演ではなくその次の公演を目指して現在、レッスン中であります!
しかし、若い、というのは良いですね♪
どんどん吸収していきます☆吸収し、試行錯誤をしながらやっている。
僕にもそんな時期があったなぁ〜と思いながらレッスンを行っておりました☆☆

レッスンの後は『パレードを待ちながら』の稽古であります♪
2015-03-15 16.16.59.jpg公演を約2ヶ月後に控え、役者陣の熱も入ってきております♪♪
この時期、新和座で注意しているのが…「中だるみ」「慣れ」です。
本を覚え、段取りを覚え、動き出すと…開いていた感覚が自然と閉じてしまい…「慣れ」で動いてしまうことがあります。
この「慣れ」が良い「慣れ」、つまり水の流れのようなものであれば良いのですが…
先走ってみたり、”見たつもり””動いたつもり”という悪い「慣れ」になってしまっていないか注意します。

2015-03-15 15.44.49.jpgお芝居はもちろん、台詞の暗唱ではありませんし、お客様は大抵の場合、物語の筋も知らなければ、台本を持って鑑賞していません。
言わば何も情報がないまま、舞台上の動くもの、舞台上から聞こえるものを見て聞いていただいているわけです。
俳優が「先がわかっている」ような動きをしてしまえば…お客様にすぐ看破されてしまいます。
これが”舞台上でその役を生きる”につながる根本であり、舞台上の時間進行なのですが…どうしても稽古を積んでいくとこの「慣れ」が出てきてしまいます。
そこで新和座では、ある時期に、演出を抜いて俳優だけで”練習”することがあります。こうした練習もまた、稽古の進捗に大きな進歩をもたらします。
俳優だけの練習も「慣れを見極める」という目的の元、行うと行動一つ一つが整理されます。
こうした準備を元に稽古を集中して行うとより効果が出てくると考えています。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆
本ブログでも座員ブログと並行いたしまして上演作品『パレードを待ちながら』についての特集記事を載せております☆
こちらよりご覧ください♪
☆★☆★☆★☆★☆★☆★

また明日からの1週間、皆様に素敵な出来事がたくさん起きる1週間でありますように☆☆
演出部武藤でした♪
posted by 新和座制作部 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古場日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

異国の地で

おはようございます♪演出部武藤です!

今回は『異国の地で』というテーマで記事を書きたいと思います!

例えば海外旅行に行ったとしたら…
その土地、その土地の習慣・文化は大切にしなければいけませんが…
普段の我々から見たら違和感があるものも多いと思います。
言葉も…自分が修めたことのない言葉だったら不安です。


もし、突然・・・言葉も習慣も違う国で暮らさなくてはいけなくなったら・・・
どうしたら良いでしょう?
海外旅行でも不安要素はあるのに…外国で暮らすことになったら…

意思疎通がしたいのに…言葉が通じない。
今までやっていた当たり前の事が…できない。
昨日まで当たり前のように会っていた友達に…会えない。

言葉や習慣は…「郷に入っては郷に従え」なんて言う言葉もあるとおり、そのうち慣れるかもしれません。
お友達も…新しい土地で意思疎通が出来てくれば自然とできるかもしれません。


人間は慣れる事、順応することが出来ます。
しかし、いわれのない差別に対しては我慢することが出来ないかもしれません。

20150315a.jpg『パレードを待ちながら』では一人、移民の登場人物がおります。「私はカナダ国民です!」と言っても異国の地から来た人間を本当に受け入れる人は少なく…それが戦いの最中、敵国からの移民だったらなおのことです。もう長く同じ地に住んでいるはずなのに…”移民”というだけで虐げられる。そんな彼女を長谷川奈美が演じます。孤独・辛さ・悲しみ…家族との関係…長谷川はこの役に勇猛精進しております!どんな”移民”を演じますか、乞うご期待であります♪
posted by 新和座制作部 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | パレードを待ちながら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする