logo.jpg

公式サイトはコチラから



2015年03月14日

美しいもの

一週間たちました。
エアプランツは三つの花を…まだ、咲かせていません。
というかそもそも一週間前はひとつしかなかった気がするのに、もう三つあるし、最初に出てきた蕾は咲く前からしんなりしてきちゃったしで、もしかしたらこれが花の完成系なのかもしれません。
エアプランツ自体は成長が遅いですが、花はあっという間なのですね。
開かなくても紫の蕾は美しいし、毎日わくわくさせてもらえました。
また一週間後には大分変ってしまっているのでしょうか…。
しかし、どんなものでも、そこに至るまでの時間はかかる割に、美しい時間は短いものです。
だから余計に儚い…。
儚い代表桜も、 もう少ししたら咲いて、すぐにまた散ってしまうのでしょう。
楽しみだけど、やっぱりこの時季が近付いても思い出すだけで切ないなぁ。卒業のシーズンと被るから余計なんでしょうけれど。


今週は、一度枯れてしまった花をもう一度買ってみたのです。今度こそ枯らさないようにもう一度育ててみようと思います。
一度枯らしちゃうとトラウマで、なかなか同じ種類を買おうとは思えないのですが、ふと、このままじゃ失敗しただけで終わってしまうと思い直して買ってみたのでした。
失敗を学習するのはいいけれど恐れて近づかなくなるのは違いますものね。
なかなか、大人になると予想外に予防線を張ってしまっていてびっくり。
いけない いけない。挑戦する気持ちだけは忘れないようにいなくては。どんなことでも繋がっていると思うので、バカにできませんね。


では皆様、素敵な週末をお過ごしください。
posted by 新和座制作部 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先生と生徒

こんばんは☆演出部武藤です!

今回は『先生と生徒』というテーマで記事を書きたいと思います☆

勉強でも仕事でも、良い先生、良い師に出会うことは自分の人生に大きな転機となり、また、その後の生き様に大きな影響を受けたりします。

私の演劇に対する考え方の根本になっているのは25年以上前に初めてお芝居の世界に誘ってくれた演出家の先生の考え方です。そして、色々な方に出会い、色々な考え方を取り入れ、混ぜ合わせてきました。そしてこれからも混ぜ合わせていくつもりです。
人は一生勉強とも言います。
思い出すと…小学校、中学校、高校、養成所と素晴らしい先生との出会い、教えはその時の、今の自分を形成していると思います。
先生達との出会いがなければ今の考えも仕事も変わっていたようにも感じます。

生徒にとって、先生とはそれだけ影響力があり、生徒のその後にまで影響を与えることがあります。
20150314.jpg『パレードを待ちながら』でも”教師”が職業の登場人物がおります。その登場人物を松井ともみが演じます。
果たして、物語の中の彼女はどんな考え方を持ち、生徒達にどんな影響を与えるのでしょうか…
そして、彼女の思い、考えはいったいどこから来たものなのでしょうか。
松井ともみも今までにやったことのない役柄に力戦奮闘しております!果たしてどんな教師像が出来ますでしょうか。是非ご期待ください♪♪
posted by 新和座制作部 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | パレードを待ちながら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。