logo.jpg

公式サイトはコチラから



2015年03月31日

美容室

image1.JPG

こんばんは!!!

一週間ぶり芦原ですヽ(o゜ω゜o)ノ



昨日はカットとカラーをしてきました〜ヽ(o゜ω゜o)ノ

7トーンのアッシュグレイです!
おわかりいただけますか?
あんま分かんないっすね!!!
アッシュにずっと憧れてて
やっと!って思ったのに
あんまアッシュっぽくなくて
残念です(笑)
もうちょっと明るくしないと
アッシュっぽくならないんですかね?
今度はもう少し明るめのアッシュにしてみようかと思います!
今回お世話になった美容室でお友達がサロンモデルをやっているので
なんと半額になったんです!!
持つべきものは友ですね!
まぁドタキャン女が何言ってんだ!って感じですけどね(笑)

さらば〜
posted by 新和座制作部 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泣ける季節。

image1.JPGどんどんあたたかくなっていきますね。




まこです\(^o^)/






桜がどんどん咲いております。
地元でも、ぼこんぼこんピンクの塊が枝を覆っていてとても綺麗です。
今週くらいが見頃MAXですかね…?

しかしお花見に行くのは怖い私です。

なぜなら最近、目が痒くて痒くて勝手に涙が出てくるからです。
行ったらきっともっとすごいことになりそうで…(;_;)<察して…


いつからでしょうか、このくらいの時期になると「あwwれwww悲しくもないのに涙が……恋かなァwwwww」だったのが、「おっとどうした両眼よ、涙なんか流しやがって……なに、痒い…だと?」に変化したのは。

去年までは「痒い、痒いですコーチ!涙が出ちゃう、でも平気、女の子だもん!!!」で強引に乗り切っていたんですが。


今年は日によって

「ぅうあああああ痒いいい涙出るううう止まらないいぃかゆいいいらめええぇあああああああああ眼球取り出して丸洗いしたいいいいいいい(((( ;Д;)))))))」

までレベルアップしたのです、なんたることだ(笑)


なので勢いに乗って、痒みを抑えますぜ系の目薬さんを購入。
こいつがうまくお仕事してくれることを願いながら、しばらく点眼してみようと思います。

…うーん、鼻が詰まる系の症状が出なかっただけまだ良かったと思うべきなんでしょうか……


だが私はこれを花粉症だとは認めない!!

認めないいいい!!!(;_;)











ああ………痒い。



まこでした\(^o^)/
posted by 新和座制作部 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

染める

月曜日、ならりえです。

髪の毛の根元が暗くなってきたので染めてきましたー
今は、焦げ茶色って感じだったので、あまり色は変えないでおこうかなーと考えるわけです。

そこでふと、宝塚の夢咲ねねちゃんの画像を見た瞬間に「同じ髪色にしてもらおう!」と思ったわけです。

どんな色かというと、金髪に近い茶なわけです。
なので、思い切って私的にちょー明るくしてきました!

いやーなんだか気分変わりますね!
次に暗色ブームがきたときに染め直すの大変そうだ・・・
posted by 新和座制作部 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

磨くべきを磨く

次期公演「パレードを待ちながら」の稽古も日に日にアツさを増していっております♪♪

こうした日々の中で…僕らが陥ってしまうモノがあります。
それは先日も書きましたが…『悪い慣れ』であります。

『悪い慣れ』が頻発してしまうと…
これから起こるだろう事をまるで知っているかのように振舞ってしまったり。
他者の台詞や動きが当たり前に感じてきてしまったり。
台詞だけを言えばいいや、と流してしまったり…
とお芝居とは言えない思いが出てきてしまいます。

もちろん人間誰しもこういった思いや振る舞いをしてしまいます。
するのが悪いということではなく、こうした『悪い慣れ』を『良い慣れ』に変えていくのもこの時期にやることだったりします。

これは俳優さん同士でも気付いたり、練習することはできます。
また演出を交えて、今までとの違い、目標との違い、イメージとの違いを突き詰めていくことも出来ます。

そして、僕がこの時期、こうした行動を稽古でとる時に気をつけていることがあります。
20150329b.jpgそれは
磨くべきを磨く
という事です。
皆さんご存知の通り、舞台演劇は台詞の暗誦ではありません。生きた人間が生きた言葉、生きた仕草をするのがお芝居です。その役が舞台上で生きているからこそ見ているお客様が共感してくださるわけです。
こうした事を考えたときに、この『悪い慣れ』を『良い慣れ』にしていく中で…各役の表情、視線、手の動きなどなど…
今までダメ出しをしなかった部分もどんどんオーダーしていきます。
しかし・・・全てを言うわけではありません。僕が感じた違和感、僕のイメージと違うような箇所全てをいうわけではありません。
『その役が生きているかどうか』この1点に集中し、生きていなければ磨きます。
こうした事を気をつけながら稽古を重ねています。

「パレードを待ちながら」生きた5人の女性の物語、是非ご期待ください♪
また明日からの1週間、皆様に素敵な笑顔がたくさんふりそそぐ1週間でありますように☆
演出部武藤でした♪
posted by 新和座制作部 at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | お稽古場日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第二次世界大戦時のカナダ

皆さん、こんにちは☆
演出部武藤です♪

さてさて、今日は「パレードを待ちながら」の舞台、第二次世界大戦末期のカナダについてです。
Wikipediaによりますと
1914年、英国の宣戦布告に伴いカナダは自動的に第一次世界大戦に参戦し、志願兵を西部戦線へ派遣した。彼らは後にカナダ軍団の一部となり、ヴィミーリッジの戦いやその他の大きな戦いで重要な役割を果たしている。1917年には保守党のロバート・ボーデン首相がフランス語圏ケベックの住民たちの反対にもかかわらず徴兵制を導入して徴兵危機が起こっている。1919年にカナダは英国とは別個に国際連盟へ加盟した。そして、1931年、ウエストミンスター憲章によりカナダの独立が承認された。

1940年にニューウエストミンスター市内を行進するブリティッシュコロンビア連隊に近づく少年(「待ってよ、パパ」)。第二次世界大戦では110万人のカナダ人が軍務に付き、1944年6月6日のノルマンディー上陸作戦では重要な役割を果たした。
1930年代の大恐慌にカナダ国民は大いに苦しめられ、このため社会主義政党の協同連邦党がアルバータとサスカチュワンで福祉制度を実施しており、これは「カナダの医療の父」として知られる1940年代から1950年代のトミー・ダグラス知事の先駆けとなるものであった。1939年、自由党のウィリアム・ライアン・マッケンジー・キング政権は英国の宣戦から7日後の9月10日に独自に対独宣戦布告をして第二次世界大戦に参戦したが、カナダ軍が英国に到達したのは同年12月のことである。カナダ軍は大西洋の戦い、ディエップの戦い、ノルマンディーの戦いで大きな役割を果たしてナチス・ドイツ打倒に貢献している。カナダ経済は戦争需要による好景気に活気づいた。1945年の終戦後にカナダは国際連合の原加盟国となった。


となっています。
イギリス連邦の一員として、独自に対独宣戦布告を行ったわけです。

20150329.jpg戦争というと…やはりイメージとしては「暗い」感じがしますし、起こしてはいけないもです。
しかし、戦地ではない、’銃後’の世界に生きる女たちは、時に明るく時に強く、この不幸な時代を乗り切ろうとしています。
この「パレードを待ちながら」を読めば読むほど、その強さと明るさに惹かれていきます。もちろん、悲しいこともあったと思います。辛い事もあったと思います。
それでも力強く生きている5人の女。

戦争と言う狂乱の現実と食べて生きていかなければいけない銃後の世界。
また、銃後があるからこそ、男達は戦えるのかもしれません。
この二つの世界をしっかりと感じて作品作りに邁進していきます。
posted by 新和座制作部 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | パレードを待ちながら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

春なので

一週間経ってしまいました。
余裕のない日々を送っていましたが、昨日久しぶりに少しのんびり景色を眺めて歩いてみたら、少しずつ桜が咲いていたりして、ああ春が来ていたのかぁ。なんてしみじみしました。
また春がやってくるのね。
春と言えば、多分定番の一番の思い出は、卒業と入学の思い出なわけで、毎年この時季になるとそんな話をしたりして盛り上がります。
青春ですね。
青春と言えば漠然と、爽やかで少し不器用だけれど瑞々しいものを思い浮かべてしまうのですが、残念ながら私の青春と呼ばれるものはそんな瑞々しさからは無縁だったもので、青春と呼ばれるものがあったかどうかすら定かではないという……。
あれも一種の青春の日々だったのだろうかと考えるべきだけれどどうも納得できない。(というか納得したくないだけ)
だけど理想の青春なんて考えるのも、時間が流れその頃を俯瞰して見られるからなわけで、当時はそんなこと考えないわけであります。考えてたらちょっと変。
いつになっても大事なものは後になって気付くってことですね。
子供の頃の定番の、子供のうちに勉強しておきなさいとか、あれですよ。
ああ。確かに大人になって、そう思った! そっかあの時大人に言われたことはこれだったのかぁって気付いた時にはすでに遅しですよ。
こうやって繰り返されていくんだろうなぁ。もちろん子供の頃にちゃんと気付ける人も沢山いて、むしろここまで気付かないのは私くらいなんじゃないかと思っていますが…。
でも数年前ですら、あああの時ならできたかな…とか思っているということをここ数年繰り返しているということに気付いてですね、いつからでも気付いた時から始めれば遅くないのだな、とここ最近感じております。
多分、何十年も経ったら今の私の数年間なんて大して変わらないわよ!とか思ってそうだしな…。
と、考えて、さっさと始めます。ついつい、もう遅いかな…なんて考えてしまうのですが、生きている限りチャンスはあるのですものね。
遅いかな?なんて子供の頃は考えなかったから確実に自分の考えも生きた時間を重ねてしまっているよ!と衝撃を受けました。
でもこういう部分は鈍感でありたいな。もともとそういう意味での繊細さは持ち合わせていなかったので、数年前の自分に戻って貪欲に生きていきたいものです。

ちょっと年下の子を見て、ちょっと前までの自分を見ているようで懐かしくなるという症状が起きています。
そういえばこの時期そうだったよな。こんなこと考えてたよな。と思うとなんだか感慨深い。数年後、自分がこんなこと考えるなんてあの頃思ってなかったよな。なんて。
微塵も!考えていなかったのに。時間恐ろしい。
決して、成熟しました!なんて言えませんが、少なからず俯瞰できるほどには生きてこられたんだなぁとしみじみしました。
人生って面白いなぁ。こういう瞬間が、生きていることを愛おしく思う瞬間でもあります。確実に時間を重ねていっている気がします。
そしてつくづく、自分の中にある以上のものは表現できないのだなぁと、悲しくもさせられます。
所詮は自分以外の人間をただ演じているのだから限界はあるのですが、それはわかっているのですが、想像は想像でしかないので、自分の中に蓄積された経験や感情やいろいろなことが足りなければより立体的な創造はできないわけで、自分で考えすら及ばずに限界を迎えているのだと思うと、どういうふうに生きるべきか、というのはとても悩みます。
もちろん、今しか演じられないものもあるのだと思います。
今の人生経験の浅い、だからこその捉え方。知らない故の軽やかさというか透明感というか、そういうものは、人生経験を重ねてしまえば、忘れるまではいかないけれど薄れていってしまうのかなと思ったり。もちろん現時点では想像ですからわかりません。本当は何十年経っても色褪せないのかもしれません。でも今私が想像しただけではどうにも…。
知ってしまえば知らなかった頃には二度と戻れないし、知らなければ知らないのです。それだけなのです。
どれがいいとか悪いではなくて、今は今しかなく、今しかできないことを今やるしかないのだな、と思います。
だけど、一応演じるという生き方を選んでいる以上、知らないよりは知った方がいいのだろうな、とも。
とはいえ、絶対どうにもできない部分もあると思うので結局は地道に重ねていくしかないのでしょうけれど。
ただ意識するのは、取りこぼさないように生きていくということだけです。流してしまえば楽なことも、拾い上げていかなくてはいけないのだろうなと思い、ちょこちょこ拾い集め寄り道しながら歩いていますが、地味な石ころも撫でてみると案外愛らしいものです。知らないうちに鋭利なものも拾っちゃったりして指怪我してた!とかいう事件もありますが、演じる生き方を選んでいなければ得られなかったものもあるのだと思うので、毎日楽しく生きております。

なんで生存報告ブログになってしまうのかいつも謎ですが…。すみません。
春で振り返ってたはずが、壮大に振り返ってしまった(いつも)
今週はきっと桜が満開になるのでしょうね。お花見、楽しみましょう。私も一度くらいは軽く観に行く予定です。
では皆様、素敵な週末をお過ごしください。
posted by 新和座制作部 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

みず

20150327.jpg皆さん、お仕事や勉強の時に”お気に入り”の飲み物ってありますか?

私は以前、収録の際には必ずと言っていいほど、コカコーラを飲んでおりました。
コーラを飲むと…しゃっくりがでるのですが・・・
あのシュワシュワ感、爽快感、甘さがなんとも言えず・・・根拠はありませんが、良いお芝居が出来る気がするからです♪
しかし、しゃっくりが出るのでいつもディレクターさんに怒られておりました…

役者を辞めてから…やはり、コンソールの前や稽古場でもコーラを飲んでおりました。
根拠はありませんが、良い演出や照明・音が創れる気がするからです♪


しかし…1年くらい前から異変が起きました。
「水が美味しい」
と感じ始めたのです。
今まで、
「ミネラルウォーター飲むなんてばっかじゃねーの、水道で十分!」
って思っておったのですが・・・そうではないと。
水。美味しいんです、水。
大人になると味覚が変わるといいますが…それでしょうか…
いや、それにしてもいい大人になりすぎている気もしますが。。。

なので稽古場でも今はもっぱら水であります。
ブランドはどれでもいいのですが・・・お水が最近のお気に入りの飲み物です。
水を飲んでいるとなんとなく、良い演出が…できたらいいなぁ〜

何でも良いと思うのですが…
良いお芝居、良い演出ができるかどうかは別として…
お気に入りの飲み物、飴などなど…稽古場に持って行って調子の良いものを探すのも、’よりやりやすさ’、仕事場環境構築の一環だと考えています。
演出部武藤でした☆


※長谷川奈美の記事は別仕事のためお休みです。来週掲載予定です☆お楽しみに♪
posted by 新和座制作部 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

カナダ

演出部武藤です♪皆さん、こんばんは☆

今日の記事は「カナダ」。
次期公演「パレードを待ちながら」の舞台はカナダなのです♪

僕も含め、新和座の座員、外国に行った経験があったとしても…カナダに誰も行ったことがありません。
ですので、やはり稽古を始める前にカナダについても調べてみました☆

Wikipediaに詳しいですが…
カナダは
北アメリカ大陸北部に位置し、アメリカ合衆国と国境を接する。
とあります。

緯度で考えると…北海道より北に位置する地域が多いわけです。
つまり、冬は北海道より寒くなる地域なわけです。
僕は生まれてこの方、関東から出て、居住したことがないので、北海道の冬の厳しさは映像や文献でしかわかりませんが…
座員の中には雪国出身の者もおり、イメージを共有したりいたしました。

20150326a.jpgまた、カナダの家、カナダの家具、カナダの衣食住といった部分をできるだけ資料を集めて、イメージすることをし、役と作品に反映させるように調べました。
当たり前のことですが、日本と大きくに変わるわけがないのです。同じ人間が生活しているわけですから。しかし、その土地にしかない文化、食生活、考え方などなどはあるわけです。
こうした文化・食生活、考え方を更に調べて、取り込んでいきます。

今はインターネットが発達し、日本に居ながら、カナダの家や家具、そこに居る人々の写真や、地図などなどが手に入ります。
そうした資料を基に役作りのヒントにしております。

そして大事なのが…舞台の時代が第二次世界大戦の末期、現在ではありません。
その時のカナダは英連邦の一つであったのです。
つまり、国の国家元首がイギリスの元首である、ということなのです。
これも日本と違います。
こうした国の仕組みの場合、戦争中の情勢はどのようになっていたのでしょうか…
また次回以降に書きたいと思います。



posted by 新和座制作部 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | パレードを待ちながら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物のポーズ…?

もーくもくもく木曜日♪
木曜日更新担当の松井ともみです♪

今週の火曜日から後輩の芦原さんもブログメンバーに加わりましたが、みなさん芦原さんの初更新記事は読んでくれましたかあ?(*>ω<*)
芦原さんは笑顔がとーっても可愛くて独特な感性が面白いんですよお♪
まだまだ謎が多い彼女にこれからも注目ですっ♪

さて松井はこれから、お友達に誘われてヨガの体験教室に行ってきます( `・ω・´ )
ヨガって身体をくねらせて動物のポーズとかするイメージです!
身体がガッチガチに硬い私でも出来るでしょうか…タコのポーズとかあったらどうしましょう!
でも、柔軟性を上げるのも自分レベルアップに繋がると信じて、楽しんでこようと思いますっ♪

お天気良くて電車の中でうとうと…♪
お花見行きたいなあ(*´ω`*)♪

今日も明日も素敵な1日になりますように♪


*松井ともみ*
posted by 新和座制作部 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

くるくるりん☆

image.jpeg不器用な私が初めてヘアアイロンでくるくるしてみた、な石井かほるです!

ショートだった髪を伸ばしている最中なのですが、肩につくぐらいになってきて飽き&切りたくなってきてしまって。。

で、気分転換になるだろう、と今まで嫌煙してきたヘアアイロンを購入し、ゆるふわヘアを目指し練習中なのであります!

画像だと分かりにくいですが、巻いてます(笑)

プラモとか細かいものを作るのは好きなくせに、自分の事となると一気に不器用な面が見えてきてしまうのです。。
ヘアアイロンも、動画をで実際にやっているのをみて勉強してはいるのですが、やっぱ難しい。。

でもやっぱ、少し巻くだけで雰囲気も変わるし、色々な方に可愛いと言っていただきました♪

もっと練習して使いこなせるようになりたいと思います☆
posted by 新和座制作部 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第二次世界大戦勃発

皆さんこんばんは☆
演出部武藤です!

次期公演『パレードを待ちながら』は第二次世界大戦末期、カナダに住んでいる女性たちの物語です。
20150325b.jpg第二次世界大戦と言っても…僕はどんなものがピンと来ません。実際に体験したことはありません。しかし、文献や経験した人の話を聞き、想像することはできます。

古典や翻訳戯曲も含めてお芝居をやる場合、なんでもそうだと思うのですが…時代背景やその時、その時の人々の生活はどのようであったか調べ、想像することは大事だと考えています。
ましてやカナダ人でもない僕らが取り組むわけですから、色々と調べる必要があります。

さて、僕らも稽古を始めた時に『第二次世界大戦』について調べてみました。
日本で「戦争」というと太平洋戦争が思い浮かびます。
しかし、太平洋戦争=第二次世界大戦ではないとも読み取れるのです。
『世界大戦』というと、世界中がごっちゃごちゃ、ぐっちゃぐっちゃになって戦っているようなイメージもわいてきそうですが…

当時の戦闘機の飛行能力や、戦艦の能力もさることながら…
やはり各国の思惑、地理的な事情で戦争が起きたようなのです。

Wikipediaによりますと・・・
1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、およびイタリアの三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、フランス、ソビエト連邦、アメリカ、および中華民国などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の戦争。

と出ています。

また、この第二次世界大戦の始まりは
1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、仏英による対独宣戦布告とともにヨーロッパ戦争として始まり

となっています。
1939年にドイツがポーランドに侵攻し、当時、ポーランドと同盟を結んでいたイギリス、フランスがそれに対抗しドイツに宣戦布告し、第二次世界大戦が勃発したわけです。
確かに、「パレードを待ちながら」の作中でも、’日本’の名前は出てきても、直接戦争をしているのは’ドイツ’だ、と読み取れます。

僕らは’戦争’の一言で世界の混戦、日本・ドイツ・イタリア対世界、というようなイメージがありました。
日本、ヨーロッパ、カナダ、アメリカ…色々な国の地理的事情、思惑があり、情勢があり、背景があり・・・最悪な戦争が始まったのだなとわかりました。

さて、そんな中、「カナダ」の情勢、生活はどうだったのか…
これは次回以降に書きたいと思います。
posted by 新和座制作部 at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | パレードを待ちながら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

あれれ??( 'Θ' )

image1.JPG

おかしいぞ〜?
誰かなあったかくなるって言ってたのは〜?( 'Θ' )

寒いですね。





まこです\(^o^)/





母上がリビングの片付けをしていて、なんとも懐かしいものを見つけました。


お茶犬。


地味に集めていました〜。
この見た目と色合いに癒してもらったなあ……。
一時期コラボカフェみたいなのもあってパフェだかクレープを食べに行ったこともあったけど、いつの間にかなくなって……グッズもこうしてしまいこんだまま忘れてしまったわけですネ☆

部屋の片付けをしていると、思わぬところから懐かしいものが出てきて、つい手を止めてしまうこと……あるある!!


さて、私もまた散らかり始めた部屋を整理せねばです。
大丈夫、手を止めるほどではない………ない、たぶん。



まこでした\(^o^)/
posted by 新和座制作部 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめまして。



はじめまして。
芦原麻衣です。

火曜日に更新することとなりました。よろしくお願いします。

第一回目の更新なので
軽く自己紹介でも…(笑)

7月4日生まれの19歳です。
O型です。
好きな食べ物はカロリーの高いもので、嫌いな食べ物は鶏肉とたまごです。
鳥類が病的に嫌いです。
昼間にディズニーランドへ行けないくらい嫌いです。
その延長で鶏肉も卵も食べられません(笑)
もちろん鳥類が苦手なため動物園も水族館もいけません。大変です。
あらゆるデートスポットに行けないのです。困りましたね。
まぁデートする相手もいないので
なんら支障はありませんが。
あ、ここ笑うところです。
そのためほぼほぼ家にいます。
映画を見たりアニメを見たりドラマを見たりすることが大好きです。
右手にiPhone左手にパソコン
目の前にテレビっていうのが
私の至福の時です。
そこにお菓子があれば
もう何も言うことはありません。

頑張ります。

さようなら

また一週間後…
posted by 新和座制作部 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

心の底から愛してる。

こんばんは☆演出部武藤です♪
関東地方、夜は冷えております。
寒暖の差が激しい日。皆様、是非、ご自愛ください☆

さてさて。
劇団新和座が今稽古しております、『パレードを待ちながら』。
登場人物は5人の女性です。
新和座の5人の女優とは性格も職業も容姿も考え方も違います。
あたりまえのことですが…

新和座では台本をもらったら一番最初にする事があります。
20150323a.jpgそれは、
『役を好きになる』
ということです。

例えば、自分とぜんぜん違う考えの持ち主を演じなければならない時。
その役の行動、言動を肯定しなければ、演じることなど出来ないと我々は考えています。
なぜなら、台詞も仕草も行動も。その登場人物が考えて発しているものですから、
それを’役者’の好き嫌い、できる/できないで変更できないと考えているためです。

したがって、私たちは台本をもらったら、スタッフ/役者総出で読むことはもちろん、’演出目標’を共有し、役を好きになる、作品を好きになる作業から始めます。

本当に役が好きになったとき、その役の全てを肯定した時に始めて役作りが始まるものだと考えています。
posted by 新和座制作部 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | パレードを待ちながら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

ジャージはゆるさん。

暑さ寒さも彼岸まで、とはよく言ったもので…
夜の風が非常に気持ちよいです♪
関東地方は今週、少し寒の戻りもあるようですが・・・
春、桜、暖かさ…待ち遠しいであります☆

さて、今回は新和座の稽古場の特徴を少し。
20150322a.jpg新和座の稽古場では、女性はジャージは許しません。これは僕の好みの問題もあるのですが…
動き、仕草、表情など台詞はもちろん、「お客様に見られている」という大切な意識をきちんと振り向けることが必要だと考えています。
スカートとズボンだと歩き方とか立ち居振る舞いがやっぱりちがうと思うんです。

もちろん、公演用の衣装を着ると気持ちも仕草も動きも変わってくるとは思うのですが…
普段の稽古でも、歩き方、仕草、動作を常に本番に近いようにするためにスカート着用をお願いしています。

もちろん、筋トレなどをする時にはこの限りではありません☆
集中して訓練を行うときなどはスカートをはかない時ももちろんありますが…やはり稽古となるとスカートを準備してもらいます。
男性は知りません♪

人間は慣れてしまう事が多いです。
良い慣れならいいのですが…
いざ、本番用の衣装を着て歩き方や立ち居振る舞い、仕草がめちゃくちゃだったら…
衣装や歩き方、仕草を再構築しなければいけないことも出てきます。
女性の特性、女性の歩き方、女性の座り方、立ち居振る舞い。
男の僕にはわからないこともありますが…スカートを履くことでそういったものが自然に磨かれると考えています。

明日からの1週間。
また素敵な1週間でありますように♪
演出部武藤でした☆
posted by 新和座制作部 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古場日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

その壁を超えるまで

あまり天気に恵まれないまま一週間が経ってしまいました。
エアプランツの花は終わってしまいました。
三つの蕾……だと思っていたのはやはりお花だったらしく、すべてが萎れてしまったところです。
さぁこれからどうなるのでしょうか。
あっという間で寂しいけれど、楽しませてもらいました。それにしても切ないですね。
蕾が膨らみ、色付き、枯れていく……。うわ、めっちゃ人生だ。と、というか私には全部が人生に見えるのか。大丈夫か?大丈夫です。
儚いものに弱いだけなのです。
今週は、以前失敗してしまった種類を更に追加。先週も追加したから同じ種類がふたつです。
種類内にも更に種類があるのですね。色違いってとこなのでしょうか。
お店に飾られていた寄せ植えが素敵すぎたので、いつかそんなふうに育てられたらいいなと思います。
にしても、最近花の話ばっかでつまんないんだけど、しかも一週間ってそんなに変化ないしさ、って感じになってきてしまったと思うのでそろそろ面白い話に移行したいところですが、今の私は植物に夢中なのでありました。

どんなことでも、結果ってすぐに出るものじゃないと思うのですよ。
日常、普段の生活から、人生から、仕事からすべてです。挑戦し、失敗し、学び、また挑戦し、克服し、前進し、とてもゆっくりなんですよね。
失敗せずに成功は私はないと思っていますし、 失敗することによって、成功よりも考えることがあるというのはむしろ可能性なんじゃないかと思っています。
だけど、どうしてか、失敗って辛かったり、苦しいイメージ。
私も以前は失敗を苦しかったり辛いと思っていたりしましたが、そこからの学びの輝きに気付くと世界って結構変わるものなのですよね。
成功の達成感はもちろん当たり前に素晴らしいけれど、失敗にも同じくらいの素晴らしいもの、可能性がある気がします。
成功の瞬間は、本当に一瞬なんです。そこに到達するその瞬間。でもそこに至るまでの地味な過程は、本当にただ地味なんです。
目標を見るのはいいけれど結果ばかり気にしていたらとても進めそうにないくらい。個人の努力は地味なものだと 思うし、孤独な作業、孤独な時間の積み重ねだと思います。
でも、その先にしかないものもあると思うのです。
もし、今何かに挑戦しようと思っていたり、挑戦している方がいらっしゃったら、結果や華やかさだけ見てほしくないと思います。
私もまだまだまだ未熟だし、過程にいるので、正解や結論は何一つ言えないのですが、そう思います。
一万時間の壁って本当にそうなんじゃないかな、と思います。
何かやることに対して、最初から自分は才能があるなんて思える人はほとんどいないと思います。
私の場合も同じで、むしろ幼い頃から、出来が悪い!と他方から言われてきたことにより、だったら普通の人より努力しないとだめなんだな、と思えた。それは逆 に有難いことだと今は思っています。
褒められるのも嬉しいのかもしれないけれど、私は褒められなくてよかったと思います。
自分が人の何倍も劣っていると思っていたから、人の何倍も努力しないとだめだと、卑屈でもなく、素直に、自然に、当たり前に思っていたし、できなくて当たり前だと思っていたから、結果で落ち込むこともありませんでした。それはただの真実という受け止め方でした。
ただ、その結果から、原因を探り、生かしていくことは必要ですが、それは自分を腐らせるためのものではありません。
頑張っていて、落ち込む人も沢山見てきたので、最近そう思うのです。今、挑戦している人がいたら、自分を信じてあげてほしいと思います。
そういう意味 で、結果より、過程が大事な場合もあるのではないでしょうか。もちろん、現実にはそうも言ってられないことの方が多いのですが、あくまで自分の中で、そういうことは大事だと思うのです。
自分を最後まで支えられるのは自分だけだし、信じてあげられるのも自分だけです。
ちょっとやって、結果がでなかった。向いていない。やめようって思う前に、もう少しその地味な時間を積み重ねてみてほしいのです。その地味で苦しい先にしかないものが見えると……思います。
絶対ではないのですけれどね。ただ、ゼロでもない。何かしら学べることはあります。思わぬ発見から派生したりもするし。
もちろん、才能がある方もいるのだと思います。でもそれは持った量の差です。完全な才能。神様みたいな才能はないのだと、私はそう思っています。
春が近づいて、きっと新しいことに挑戦を始める方が沢山いらっしゃるのだろうと思って、こんなことを書いてしまいましたが、私もまだまだ人生の途中なので、あくまで一意見として聞いていただければ嬉しいです。何かを語るにはまだ若すぎると思います。

気付けば、私もようやく一万時間の壁を越えたのか、越えようとしているのかというところだと、先日気付いたので、感慨深く思って、振り返ってました。
これからの方が長いですけどね!いやー……長かった。この十年も。一昔の十年!
素晴らしい経験をさせてもらえました。
お世話になった方々には深く感謝しております。
そして少しだけ、その時間で学んだことを形にできるようになってきた今。これからまた、新たに見聞を広めつつ、また違った方向にも目を向けていかなければいけない時期なのかと思っております。

……書いてて引退宣言みたいだなと気付いた。そんなことはないですよ。
大分長くなってしまいましたが、卒業という時期に合わせた、こんなテーマになりました。(だから挑戦も)
学生じゃなくなっても、きっと知らないうちにいろいろな卒業を繰り返していくのだと思いますし、私は成長のためにそうでありたいと思います。
前向きに……とは、前向きじゃないので言えませんが(←)

では皆様、素敵な週末をお過ごしください。
posted by 新和座制作部 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稽古場で打ち合わせ

劇団新和座の稽古場では…いわゆる「演技」をまったくしない日があります。
では何をしているのか…
雑談ともとれますが…打ち合わせに時間を割く事が多いのです。

台本を貰って、配役されて・・・役づくりをして行く際にはやはり色々な話し合いが必要であろうと私たちは考えています。

役者さんにとって、毎日台本を読んだり、解釈したり、確認したりという作業はとっても大事ですし、疎かにはできません。
しかし、たった一人でも作業できる事柄は限られて来ると思います。
舞台はほとんどの場合、複数人で作るわけですから、他の役者さんや、演出家、監督とお稽古場でもお稽古場外でもコミュニケーションをとる事は非常に必要だと考えています。
例えば、段取りだとか、動作の打ち合わせ、役について、作品についてなどなど・・・話すことは山ほどあるわけです。
こうしたコミュニケーションが取れていないと、いざ、お客様の前ではちぐはぐな作品になってきてしまうと私たちは考えています。


しかしながら、気をつけなければならないのは、20150320b.jpg段取り―――例えば、「私はこう動くから、あなたはこう動いてほしいの」―――というようなものばかりだと、段取りが先行するお芝居になってしまうと思うのです。
また、別の機会に書こうと思いますが、私たちは段取りと仕草と動作は別々のものであると考えています。ですので段取りだけ話していても、しっくりこない場合が出て来ると思います。
話し合い、コミュニケーションでは、その役と相手の役との関係性を確認したりすることが大事なのだと考えています。
多くの場合、段取りは演出家から指示が出ますが、この段取りを生かして、仕草を考えたり、生きる人(役)としてどう動くかということを考えるのも役者さんのお仕事だと思うのです。
芸術に答えはありません。
ですので、話し合い、コミュニケーションでも『?』と思う事があるかもしれません。
それを『!』に変えて行く事こそ、コミュニケーションの本質であろうかと思います。
それは役づくり、役に向かいあうことに非常に大切なものだと私たちは位置づけています。

コミュニケーションや話し合いは、一見すると時間もかかり、無意味なものであるかもしれません。
しかし、相手の考えやイメージを融合するのに、かなり有益な手段だと私たちは考えています。
posted by 新和座制作部 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | パレードを待ちながら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

大人の味?

image1.JPGこーひーもかまたぁーりぃー!
金曜日はあなたのヲタ友、長谷川さんだお!

コーヒーをブラックで飲めるのは大人。
なんて考えないね!
私は好きなようにコーヒーを飲む人だ!
ドン引きされようが砂糖は入れるし、ミルクも入れるし!
でも、たまにはちょこーっとブラックでも飲むよ?
ちょっとね?(笑)

邪道かもしれないけど、いっぱい入れます。
さーせんw

美味しいコーヒーより、美味しいケーキの方が好きなんです!
そんな子供じみた考えなのです…。

画像の手作りシフォンケーキ、マジで美味しかったお!!
また行きたい!
posted by 新和座制作部 at 16:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5人の愛

次期公演『パレードを待ちながら』の登場人物は全部で5人です。

20150320.jpg

この5人にも家族がいます。
夫、子供、父。

もし、自分の夫が・・・
もし、自分の子供が・・・
もし、自分の父が・・・

自分と二度と会えないとしたら・・・


もし、自分の愛する人が・・・
生きているのか死んでいるのかわからない、
行方不明になってしまったら・・・

もし、自分の愛する人が・・・
遠い旅に出てしまったら・・・

もし、自分の愛する人が・・・
警察に捕まってしまったら・・・

もし、自分の愛する人が・・・
・・・・。

この5人がどんな愛をもって、家族と向き合っているのか。
自分の愛する人が自分の目の前から消えてしまうかもしれいない恐怖、怒り、不安。
この5人がそういう気持ちとどのように対峙していくのか・・・
どんな愛の姿を皆様にご覧いただけますか、是非ご期待ください♪
posted by 新和座制作部 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古場日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

私も女子力!

image1.JPGもーくもくもく木曜日♪
木曜日更新担当の松井ともみです♪

近頃、私も女子力を上げるべく、お料理を積極的にやるようにしております(*>ω<*)

お夕飯作ったり、お昼はお弁当作ったり♪
お写真のは先日のお夕飯に作ったグラタンです♪
今日はロールキャベツっぽいものを作りました!
形が上手くいかなかったので、ぽいもの(笑)
キャベツをしっかりと巻くのって簡単そうに見てえ、少し難しかったです!
私が不器用なだけでしょうか(笑)

なーんて、女子力アピールをしちゃってる松井なのでした(笑)

明日も素敵な1日になりますように♪

*松井ともみ*
posted by 新和座制作部 at 19:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 座員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。