logo.jpg

公式サイトはコチラから



2015年02月08日

集中力☆

今年の冬は雨が多いなぁ〜と感じます。
関東の冬ってもっと晴れのイメージがあったのですが…
しかし、日本の中では豪雪の地域もあります。
わがままばかりも言っていられません。

さてさて。今日のお稽古で感じたのは”集中力”ということであります。
これは役者さんの集中力ということもあるのですが…2015-02-08b.jpg当然のことながら舞台演劇には色々な長さや構成があります。20分ほどのお芝居から2時間ほどかかるもの。30分のお芝居のオムニバス。1時間もの二本立てなどなど…中には7時間くらいのもあったりもします。
役者さんやスタッフの集中力が切れる、というのはもっての他です。と同時にお客様に「ずっと集中していてくださいね」などとは口が裂けても言えません。

では、どうやってお客様の背が離れるような空間にするか。お客様にずっと観て頂けるか。
これは永遠の課題でもあり、答えはないと考えます。
ですが、お客様の目を奪えるよう、お客様のイメージを膨らませるよう、創意工夫は出来ます。

その一つが舞台上で起こる出来事の緊張感であると考えています。
これは、何もシリアスな場面のみならず、笑いが起こるような場面でも必要だと思っています。
役者同士が役として、常にテンション、気持ちを張り詰めさせ、舞台上で起こる様々な事に反応する事が第一だと考えています。
そこに音や灯りが加わり、出来事をよりドラマチックにみせる。
そうした基本があり、更に創意工夫を重ねて、事象が進行していく、その物語の世界を作り出す事がお客様に背を離して見て頂ける事だと信じています。

舞台演劇は台本の暗記結果を発表するものではありません。
更に誰かが目立てばいい、というものでもありません。
登場人物総てがそこに生きている空間。
生でしか出来ない、生でしか味わえない空間。
それを創意工夫をもって、創っていくことが我々の根本だと考えています。

答えのないものなのに、答えを見つけていく作業。
非常に苦しいものです。しかし、それを続けていくことこそが演劇だと考えています。


明日からの1週間☆皆様に素敵な出来事いっぱいの1週間でありますように♪
演出部武藤でした☆
posted by 新和座制作部 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古場日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする